MENU TEL

足のタコの位置から読み解く巻き爪の原因

2020.05.23 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレートで巻き爪の補正を行っています。

 

足の親指が巻き爪になる方に見られる特徴の一つに、

足の親指の関節部分がタコになっていることがあります。

 

つまり、歩く時や立っている時に

親指の腹の部分ではなく関節に体重が乗っている証拠です。

そして、爪の先が上を向いてしまっています。

 

この投稿で今までお話してきたように

指の腹の部分に体重が乗らないと爪が巻いてきますので、

やはり巻き爪でお困りなのです。

 

このような体重の乗せ方の癖がある方は、

しっかりと正しい位置に体重を乗せる方法を身に付けないと

巻き爪の補正が終わって綺麗な爪になっても

いずれ再発してしまいます。

 

当院では巻き爪の補正をするにあたって、

爪の形だけでなく足の形やタコの位置から

その方の歩き方や立ち方の癖を読み取り、

ご自身でできる巻き爪予防法までも指導いたします。

 

巻き爪克服は爪の補正だけで済むのではなく

歩き方や立ち方の矯正も含めた総合的な施術が必要です。

 

もし、タコの位置などに心当たりがあり

巻き爪でお困りでしたら遠慮なくご相談ください。

 

 

1カ月以上器具交換ができない方へ

2020.05.16 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

新型コロナウィルスによる影響で、

巻き爪の補正を行ったまま

その後の器具の交換ができず

困っている方もいらっしゃると思います。

 

ご安心ください。

ペディグラス・テクノロジーの施術方法はプレート式ですので、

ワイヤー式のように途中で外れたりすることはありません。

 

しかし、器具が爪にしっかりと貼り付いていますので

爪切りで爪を切ることはできません。

 

足の爪は1カ月でおよそ1.5mm程伸びますので

伸びた分だけ爪切りに付いているヤスリで

削っていただければ問題ありません。

 

後は、爪を濡れたまま放置しないように心がけてください。

 

爪と器具との間に隙間ができてしまった場合、

そこから雑菌が繁殖してグリーンネイルになる可能性もあります。

雑菌は高温多湿を好みますので、足に汗をかいたらしっかりと足を洗って

完全に水分を乾かして清潔にしておきましょう。

 

まずありませんが、

もし器具が爪から外れるようでしたらご連絡ください。

状況を確認して適切な方法をアドバイスいたします。

 

皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。

巻き爪の治療法で最近思うこと

2020.05.09 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

最近思うことは、

巻き爪を病院で診てもらった時に、巻いて皮膚に食い込んでいる爪の端を

切り取ってしまう治療法の予後があまりよくないのではないかということです。

 

もちろん、私は医師ではないので明確な根拠を示すことができず

否定をすることはできません。

しかし、病院で爪を切り取ってもらった後、残った爪が巻き爪になって

困っている方がいるのは事実です。

 

巻き爪になる原因は主に、足の指に体重が乗っていないことです。

ですので、巻き爪の治療後は痛みが無くなったら、

積極的に足の指に体重を乗せていかないといけません。

 

でも、端を切り取られた爪に体重を乗せると

本来爪の下にあった肉が盛り上がって

逆に爪に食い込んでしまうのではないでしょうか。

 

爪そのものは巻く性質があるから巻いてしまいますし、

爪の端は肉が盛り上がって食い込んでしまうし、

大変困ったことになりそうです。

 

物理的なバランスを考えると、やはり爪の端は切り取らず、

できるだけ温存して広げることができるようなら

巻いている爪を広げる治療法がベストなのではないかと思います。

 

当院の施術は爪を切り取らず、爪の上にプラスティックのプレートを

貼り付けて、その弾力性を利用して巻きを広げる施術法です。

施術中も施術後も痛みはありません。

 

もし、巻き爪でお困りのことがあれば

遠慮なくご相談ください。

 

足の爪を削る施術も行っています。

2020.05.02 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

妊婦さんでお腹が大きい為、足の指の爪が切れない。

あるいは、手が不自由・身体が不自由で爪が切れない。

という方も大勢いらっしゃると思います。

 

しかし、放置するわけにはいきません。

 

足の爪もキチンと切っておかないと巻き爪になる可能性があります。

ましてや、切り方を誤って深爪などしてしまうと良い結果にはなりません。

 

そこで、あさかわ鍼灸整骨院では、足や手の爪を削る施術も行っています。

 

料金は、10本2200円(税込み)です。

 

巻き爪施術のスペシャリストが削りますので、

理想的な爪の形、長さに整えて美しい爪に仕上げます。

 

施術時間は15分程ですので忙しい合間を縫って受けていただけます。

 

もちろん、新型コロナ対策でエタノール消毒や換気、患者さん同士の接近防止を

徹底していますので、ご安心ください。

 

ご希望のお日にちお時間がありましたら下記電話番号でご予約の上ご来院ください。

 

あさかわ鍼灸整骨院

大阪府茨木市中津町18―23

TEL  072-633-5425

 

 

 

 

 

 

爪も乾燥します

2020.04.25 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

新型コロナウィルスの感染予防対策の一つとして

こまめに手洗いをすることが大切です。

 

しかし、それに比例して手荒れが酷くなりますよね。

おそらくハンドクリームなどでケアされていると思います。

 

実は、薬用石鹸による手洗いや消毒液の頻繁な使用は、

手荒れだけでなく爪も荒らしてしまいます。

 

爪は皮膚と同じ「ケラチン」でできています。

皮膚よりも硬いので、骨や軟骨の部類と間違えて認識している人も

いらっしゃいますが、皮膚と同じタンパク質が原料です。

 

ですので、皮膚の角質が乾燥すると硬くなってひび割れるように、

爪も乾燥すると弾力を失ってカチカチになってしまいます。

 

カチカチになった爪は頑丈になっていません。

むしろその逆で、割れやすく脆くなっています。

ちょっとした衝撃で爪が欠けてしまったり、

爪の表面が剥がれて二枚爪になったりします。

 

また、爪に縦しわができたりして見た目も悪くなるので爪にも保湿が必要です。

 

手洗い後、ハンドクリームを手に塗る際には爪にも忘れず塗ってください。

もう少し特別なケアをしたい場合は、爪専用のオイルもありますので、

それを使うとなお良いでしょう。

 

時期的に、手洗いが多く爪に負担をかけやすいので、

除光液を頻繁に使わないようにする等、

爪を少しでも休ませるように心がけてください。

 

 

 

 

 

 

巻き爪予防体操

2020.04.18 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

新型コロナウィルス感染防止の為、不要不急の外出自粛が

行われています。

 

その影響で皆さま運動不足になっているのではないでしょうか。

 

このブログで以前から投稿していることですが、

歩く時間が減ると巻き爪になるリスクが高まります。

 

しかし、この状況下では歩く時間を増やすことは難しいと思います。

 

ですので、家でできる巻き爪予防体操をご案内しますので

巻き爪になる不安のある方はもとより、巻き爪でない方も

積極的に行っていただきたいと思います。

 

まずは、椅子に座って足の指でグーパーを10回

ゆっくりと行ってください。

 

その次に、立ち上がって背伸び運動。

この時に足の親指に体重が乗るように意識してこれも10回

ゆっくりと行いましょう。

 

そして最後に、両足を軽く前後に開いて、

後ろの足のつま先を付けたまま、かかとを浮かせたり床に付けたりを10回ずつ。

これもゆっくりと両足行いましょう。

 

このような体操を毎日続けることによって

足の指に体重が掛かり、爪が広がります。

 

とにかく足の指に体重を乗せましょう。

そうしないと爪が巻いてきます。

 

皆さまの健康をお祈りします。

 

 

爪水虫は巻き爪になりやすい

2020.04.11 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

「ペディグラス・テクノロジー」の技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

新型コロナウィルス感染防止の対策として、

定期的な換気と消毒用エタノールでの拭き掃除の徹底、

患者さん同士の集中、接近を避けるための完全予約制を導入しております。

 

もちろん、巻き爪補正も予約制で施術をしています。

 

巻き爪の痛みでお困りの患者さんの中には

少数ですが、爪水虫が原因の方もいらっしゃいます。

 

爪水虫は自覚症状がありませんが、巻き爪になります。

ですので、巻き爪による爪の食い込みの痛みで初めて爪のトラブルに気づくようです。

 

しかし、残念ながら爪水虫を患った爪に補正はできません。

爪水虫は爪がボロボロと崩れていく病ですので、

補正器具の力が掛かると爪がボロッと崩れてしまうのです。

 

最近は良い薬があるようですので、皮膚科を受診してください。

もちろん当院で発見すれば皮膚科をご案内いたします。

 

巻き爪の痛みがある場合、まずは爪の色を観察してみてください。

黄色く濁っていれば疑わしいと思います。

さらに、爪の先端がボロボロと取れていくような感じがあれば、

爪水虫の可能性が濃厚です。

 

決して珍しい病気ではありませんので、

「あれっ」と思ったら、たとえ痛くなくても皮膚科を受診しましょう。

 

何かわからないことがあれば、遠慮なくご相談ください。

 

 

緊急事態宣言による当院の対応について

2020.04.07 | Category: ご案内

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

本日2020年4月7日、緊急事態宣言が発令され、

明日4月8日午前0時より施行されます。

 

それに伴い、当院の対応をご案内いたします。

 

当院は明日以降も通常通り診療いたします。

診療時間の変更もありません。

 

しかし、来院される患者さんどうしの接近を避けるため

完全予約制にいたします。

これにより、同じ時間帯での患者さんの集中を防ぐことが狙いです。

 

また、ベッドや椅子などを消毒用エタノールで拭き掃除をし

お一人お一人が清潔な状態で施術を受けることができるように対応しています。

 

院内は定期的に換気をすることにより、

密室空間を作らないように対応しております。

 

安全安心に施術を受けられるよう細心の注意を払いながら

診療しておりますので、

体の不調がございましたらお電話でご予約の上、ご来院ください。

 

 

 

 

 

器具を付けたまま爪を放置するのはよくないです

2020.04.05 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

当院では、新型コロナウィルス対策として、定期的な換気と

アルコールによる拭き掃除、患者さん同士の接近を避けて施術をしております。

 

新型コロナウィルスによる外出自粛ムードにより

当院に施術に来にくい状況となっておりますが、

巻き爪の放置も見逃しておけません。

外出したくないお気持ちは分かりますが、

器具を爪に付けたまま長期間放置するのは爪に良くないです。

 

爪から浮いた器具の間に雑菌が入って

グリーンネイルになる可能性があったり、

器具を付けたまま爪が伸びすぎて爪が折れてしまったりします。

 

ですので、できるだけ1カ月で当院にお越し下さるようお願いいたします。

 

もし、しばらく補正をお休みされたい場合でも

せめて器具を外してから様子を見させていただきたいので

リムーブだけでもご来院ください。

 

リムーブだけなら15分ほどで済みます。

 

早くこの厄介なウィルスに対するワクチンか

症状に有効な治療薬が完成することを願っています。

 

 

 

 

丈夫な爪を作る栄養素

2020.03.29 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

「ペディグラス・テクノロジー」の技術を使って巻き爪の補正を行っています。

 

巻き爪の補正をするにあたっては、

丈夫な爪の方が絶対によいですね。

 

弱い爪でももちろん補正はできますが、

やはり脆いのでリムーブ(器具の取り外し)の時に心配です。

 

「爪を丈夫にしましょう。」とアドバイスをすると

「カルシウムをたくさん摂ればいいですか。」とよく言われます。

 

しかし、残念ながら爪は骨ではありませんのでカルシウムではありません。

爪は皮膚の一種ですのでタンパク質の摂取が大切です。

 

爪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質の一種です。

ですので、肉や魚、卵や豆類などのタンパク質をしっかり摂りましょう。

タンパク質には動物性と植物性がありますが、

どちらに偏ってもよくなくて、両方まんべんなく食べるように心がけてください。

 

また、ケラチンを作るのに大事な栄養素として「ビタミンA」も重要です。

これは、爪の乾燥・割れ・変形を防ぐ効果がありますので

緑黄色野菜やレバーなどで積極的に補ってください。

 

次に「ビタミンB2」も爪の細胞を再生するのに必要な栄養素です。

レバーやイワシ、牛乳、納豆などに多く含まれていますので

積極的に摂るようにしましょう。

 

保湿クリームなどで爪を表面から保護して丈夫にすることも

大切ですが、強くて美しい爪を作るには必要な栄養素をしっかり補給して、

体の内側から変えていくことが大切です。

 

もし、何かわからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日