MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 骨盤の記事一覧

脊柱管狭窄症②

2018.11.07 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回は脊柱管狭窄症の原因について

書いて行きたいと思います(´∀`)

脊柱管狭窄症の多くは、加齢により起こります!!

背骨と背骨の間には水分に富んだ椎間板があって

クッションの役割を果たしています( ̄▽ ̄)

でも、加齢によって椎間板は徐々に弾力性を失っていき

後部に飛び出すように変性してしまいます(ーー;)

また、椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなると

複数の椎骨が積み重なった背骨は

グラグラと不安定な状態になります!

これにより過剰なストレスを受けた

靭帯は分厚くなっていき脊柱管が狭まっていきます(ーー;)

なので、脊柱管の狭窄は一種の老化現象とも捉えることができます!

その他に生まれつき脊柱管が狭い

「先天性脊柱管狭窄症」を発症することもあるみたいです!

また脊柱管狭窄症の発症は

日常生活で腰への負担がかかりやすい

姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります!!

さらに、交通事故や骨粗しょう症

喫煙や運動不足に関連した背骨の圧迫骨折後に

脊柱管狭窄症を発症することがあります!

☆背骨の仕組み

背骨は、椎骨と呼ばれるいくつもの骨により構成されています!

椎骨がいくつも縦に連なって内部に

「脊柱管」と呼ばれる空間ができます(^-^)

脊柱管のなかには、脳脊髄液で満たされた袋が通っており

袋のなかに重要な神経が入っているんです!

その神経が集まった脊髄と呼ばれるものが

脊柱管のなかに納まっていて

脊柱管により外的な刺激から守られているということです!

皆さんも生活習慣には気をつけましょう(´∀`)

猫背放置のデメリット

2018.06.06 | Category: 猫背

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日は猫背を放置してしまった

場合に起こるデメリットについて

書いていきたいと思います(^o^)

1.人に会う際にマイナスの印象を与えてしまう

「姿勢が悪い人」というだけではなくて

堂々と自信のあるイメージが損なわれやすいため

ビジネスシーンなどにおいて

マイナスイメージを相手に与えやすいですよ(ーー;)

2.寝具がしっくりこない

猫背が続くと背中の筋肉の緊張が続いて

布団へ横になっても身体がリラックスできません!!

どこかに力が入っていて寝具が身体にフィットせず

寝心地が悪く感じて入眠しづらいこともあります(ーー;)

3.睡眠の問題がおこる

内臓の働きや緊張、リラックスに関わる

自律神経のアンバランスをきたして

就寝時間になっても心身が

寝るモードに切り替わらなくなります!

入眠困難、眠りが浅いなど睡眠の問題に

結びつきやすくなります(ーー;)

4.肩こり・腰痛につながる

多くの人が経験する「肩こり」「腰痛」

猫背は、背骨や筋肉への負担が

少ないとされる重心バランスを崩します!

頭や肩甲骨の位置や骨盤の傾きにも影響するため

猫背が長引くと肩こりが慢性化したり

腰が疲労しがちになったりしますよ(ーー;)

5.胃腸の調子がいまひとつ

猫背姿勢がつづくと内臓の働きにも

負担をかける状態になってしまいます!!

胃が圧迫されたり、機能そのものが低下する原因にも繋がります(ーー;)

まだまだデメリットはあるので

皆さんも猫背には十分気をつけましょう( ̄^ ̄)

猫背の原因と解消法

2018.05.23 | Category: 猫背

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も猫背について書いていきたいと

思います(^o^)/

☆猫背の二大原因

胸周辺の筋肉を柔らかくし

体幹を活性化することで猫背を改善することができます!

これにより猫背を引き起こす

原因がはっきりしました( ̄▽ ̄)

それは

・胸の筋肉が硬い

・体幹が弱い

この2点です!!

猫背の人は胴体の前面

特に胸部周辺の筋肉が固くなっています。

また骨盤を始めとする姿勢を保持する筋肉が

弱くなっていて、機能不全を起こしています(ーー;)

日頃の姿勢に気をつけるだけではなく

この2点に積極的にアプローチ

することで猫背が解消するんですよ!!

☆効果的な猫背二大原因の解消法

猫背を引き起こすものが分かりましたね!

胸前の筋肉はストレッチで柔らかくほぐしましょう(^o^)

骨盤の後傾は、体幹部の筋肉を

呼吸運動で活性化することで解消します!

呼吸運動はろっ骨まわりを広げる効果もあるので

胸を内側からストレッチすることにもなりますよ(´∀`)

ストレッチは一時間に1回は行いましょう!

数十秒で可能です!

呼吸エクササイズも椅子に座りながら

できますので思い出した時にぜひ

やってみてください( ̄^ ̄)

次回にストレッチをご紹介します!

足がつる病気⑤

2017.12.06 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回も引き続き足がつる病気について

書いて行きたいと思います(^o^)/

☆脳梗塞や心筋梗塞

足がつる症状は、脳から筋肉へ送られる神経の信号が

謝って送られ、筋肉が異常な収縮をする症状です!!

神経からくる、筋肉の痙攣ですので

脳梗塞や心筋梗塞といった

神経系の障害がでる可能性のある病気も疑われます(ーー;)

脳梗塞も心筋梗塞も、それぞれに繋がる血管が細くなったり

詰まったりすることによる病気です!

なによりも、日頃から規則正しい生活習慣を心がけ

適度な運動と水分補給を心がけることにより

充分予防することができる病気です(^o^)

脳梗塞の前兆には、足がつる他にも

視界が悪くなる

ろれつが回らなくなる

つまずきやすくなる

といった症状があります!!

心筋梗塞の前兆としては

左肩がこる

虫歯がないのに奥歯が痛むといった症状がありますので

これらのことがないかどうか、あればすぐに病院へ行きましょう!!!

ゆがみリセットストレッチ続き

2017.01.05 | Category: 骨盤

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回は前回の続きをご紹介したいと思います(^o^)

 今回のストレッチは骨盤と股関節について
です!

・骨盤ストレッチ

仰向けで寝転び、前回の首で使用したタオルを

腰(骨盤上部)に横向きに敷きます。

両手は体の横におき、両膝を揃えて立てます。

息を吸って吐きながら両脚を右へ倒します。

この時左右の膝を離さないように意識しましょう。顔は左を向きます。

次に、息を吸って吐きながら両膝をつけたまま左へ倒します。

この時顔は右側に。左右3回程度行いましょう!

・股関節のストレッチ

腰に入れたタオルをとって

脚を伸ばし全身の力を抜きリラックスします。

左右の足を内外とブラブラさせ脚全体の力を抜きます。

力任せに行うのではなく、股関節をゆるめる意識で行います。

呼吸を止めずに10回程度行いましょう!

皆さん、ストレッチや筋トレは使っている所を

意識するだけで効果が全く違ってきます。

なので少しでも意識して行うようにしましょう(^o^)

ゆがみリセットストレッチ

2016.12.22 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日は背骨や骨盤のゆがみを

リセットするストレッチのやり方を

ご紹介したいと思います(^o^)

ここでご紹介するのは、筋トレのように

筋肉に負荷を与えるのではなく

筋肉の緊張を取り除くことを目的とします!

ストレッチを行うと、筋肉の緊張がとれるだけではなく

自律神経の働きも調整します。

交感神経よりも副交感神経が優位に来ていことで

入眠しやすい状態に体を整えることにつながります( ̄▽ ̄)

ストレッチのポイントは、首・肩・腰・骨盤の緊張をとり

正しい背骨・骨盤のラインを保つことです!

最初にストレッチを行うのは、体を支える「背骨」からスタートです(^o^)

次に背骨の左右にある肩甲骨(肩)

そして背骨の一番上の部分首(頸椎)の順番で行います!

・背骨ストレッチ
ストレッチは無理ない範囲でしてください!

まず、バスタオルを丸めます。

次に、丸めたバスタオルの上に背骨をが乗るように寝ます。

大きく深呼吸をしながら、体の力を抜き

両腕を体の横のラインの延長線上に腕を真っ直ぐに伸ばします。

頭の上までの体の横のラインに腕を伸ばすことにより

縮まった筋肉が気持良く伸びることを感じましょう!

・肩のストレッチ

大きく動かしてリラックスするのを心がけましょう。

背骨のタオルはそのままの状態で

腕を顔の前でゆっくりと大きくまわして

肩甲骨周辺の筋肉ををゆるめます。

左右の肩甲骨の動きに違いがあれば

動きにくい方を3回程度多めに行ってください。

あまり多く動かしすぎることは禁物です。

痛めてしまう可能性があります(-_-;)

呼吸を止めずに緩やかなスピードで10回程度動かしましょう!!

・首のストレッチ

背骨にあるタオルをとって横向きに

首と頭の境目あたりに置きます。

息を吸って吐きながら、タオルの上で頭を左右にゆっくりと動かします。

左右10回程度行ってください!

力任せに行うのではなく、頭の重みで動かしましょう(^o^)

ここでも左右の違いを確認しましょう。

ご自身の体の左右差を知ることは

日常、正しい姿勢をとる時に役立ちます!!

睡眠

2016.12.15 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回も睡眠について書いて行きたいと思います(^o^)

良質な睡眠は美と健康の源なんです!

良質な睡眠は「姿勢」だけではなくて

様々な条件が整って得ることが出来ます(-_-;)

今からあげるチェック項目にいくつあてはまりますか?

当てはまる項目は快眠を妨げる可能性があるものです!!

数が多いほど要注意ですよ( ̄▽ ̄)

☆快眠度チェック

・平日は睡眠不足が続くので週末に寝だめする
・起きた時にスッキリしない

・昼間眠くなる

・運動習慣がない

・ベッドに入るのは0時以降が多い

・布団に入ってもナカナカ眠れない

・夜中に何度も目が覚める

・夜中目が覚めた後にナカナカ眠れない

・睡眠時間は4時間以下である

・夜型の生活をしている

・カーテンは遮光で朝日を浴びる環境にない

上記の項目で3つあてはまると危険信号ですよ!!

少し睡眠習慣を見直してみましょう。

正しい寝る姿勢

2016.12.08 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日は正しい寝る姿勢についてです!

寝る姿勢は、どのような姿勢が好ましいのかを紹介します(^o^)

寝ている間同一姿勢だと、血行不良を起こしますので

それを避けるためにも、個人差があるものの

寝がえりを30~50回程度行います。

寝ている間にも、姿勢が変化することは当たり前のことですが

まずは、仰向けで日常の姿勢のゆがみを

チェック&リセットしましょう( ̄▽ ̄)

正しい寝る姿勢は首・肩・背中・骨盤が

布団に付いているのが正しいと言われています!

皆さんはついていますか?

更に、両足の開く角度に着目すると

両足の開く角度が45度程度が理想です。

まずは、ご自分の「寝姿勢」をチェックしてください。

腰が反り浮いていたり、両足の開く角度に左右差があったり

広過ぎたり狭過ぎたりしていたら、骨盤がゆがんでいる証拠です。

日常のゆがんだ姿勢が、寝姿勢にまで影響を及ぼしているんです!

ゆがみがひどくなると

良質な睡眠の妨げになることもあるので注意が必要です(-_-;)

寝る前に、首・肩・腰・骨盤の簡単なストレッチで

ゆがみをリセットしましょう!!

ゆがみをリセット!!

2016.12.01 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日はゆがみをリセットさせる方法

について書いて行きたいと思います(^o^)

そもそも、快眠とゆがみリセット効果もある正しい寝姿勢とは?

骨格バランスの良い姿勢を保つためには

筋肉を使い重力に逆らい体を立ち上げる必要があります( ̄▽ ̄)

どんなに良い姿勢でも長時間同一姿勢を行うと

体に負担がかかってしまいます(-_-;)

普段から寝ている姿勢意識してますか?

日常の姿勢のゆがみや筋肉疲労を

リセットしてくれるのが、寝ている時間です!

体を横にすることが唯一、背骨・骨盤など体を支える大きな骨を

重力からフリーにして、筋肉の緊張を解放し

日常のゆがみをリセットしてくれる

「姿勢リセットの黄金タイム」とも言われてるんですよ!!

でも、満足した睡眠を得られている方は意外と少ないんです(-_-;)

寝つきが悪い、寝てもスッキリしない

首や腰に不快感があり疲れが取れない

などといった睡眠のお悩みもよく耳にしますよね!

良質な睡眠は、アクティブな日常を送る上で不可欠です。

快眠の第一歩は、寝る姿勢を意識すること。

まずはそれからで、体のゆがみリセットにつながりますよ!!

骨盤とウォーキングの関係

2016.11.24 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日は前回の続きで骨盤とウォーキングについて

もう少し書いていこうと思います!

今回紹介する歩き方なら、毎日の何気ない

「歩く」という行動のなかで

間違ったクセを矯正することができます。

みなさんもぜひ試してみてください!!

1.「正しい姿勢」をとる

鏡に映る自分の鼻、おへそ、足の内側のくるぶしが

一直線上になるように立ってください。

このとき頭の傾き、両肩の位置、腰骨の左右の位置、指先の位置が

左右対称であることを確認してください!

そうすると、重心の位置が引き上がるのが感じられるはずです(^o^)

2.目線は10メートル先に向ける

顎が上がって、正しい姿勢がキープしやすいはずです( ̄▽ ̄)

3.そして歩く

膝を前に出すように脚を上げ、踵から地面に着地させます!

そして骨盤に体重を乗せるようなイメージで重心を移動させていきます。

この歩き方は、自然と歩幅が広がるので

脂肪燃焼効果が期待できるんですよ(^o^)

さらに、正しい姿勢は体が一直線に伸びるので

呼吸が深くなり、血流もよくなるはずです!

慢性的な腰痛、肩こり、首のこり、眼精疲労などの改善につながります。

姿勢の美しい人や、歩き方がきれいな人は

それだけで人の視線を惹きつけます!

姿勢が綺麗な人って見ちゃいますよね( ̄▽ ̄)

体が正しいフォームを覚えるまでこの歩き方を意識して

美姿勢を目指してみてはどうでしょう?

歩き方が分からなかったら是非とも

聞いてください!!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日