MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 10月の記事一覧

円形脱毛症と爪の関係

2016.10.29 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

頭髪と爪ってあまり関係がなさそうですが、

意外と似通っていることがあります。

 

円形脱毛症の人に起こりやすい爪の症状があります。

「爪甲点状陥凹(そうこうてんじょうかんおう)」というものです。

爪の表面を針でつついたかのように点状に並んでいる状態のことです。

点状の陥凹が横一列に綺麗にならんでいます。

すべての爪というわけでもなく、爪全体ということもありませんので、

気づかないことも多いようです。

 

浅川も一度経験しています。

散髪屋さんに円形脱毛症を指摘され、

爪を見たら右手の薬指の爪がなっていました。

「へぇ~」と感心したのを覚えています。

 

では、なぜ円形脱毛症を発症すると爪に変化がでるのでしょう?

 

実は髪の毛を作る細胞と、爪を作る細胞はとても似ているそうです。

円形脱毛症で髪の毛を作る細胞に異常が出てしまうと、一種の

勘違いのような作用で爪を作る細胞にも影響が出てしまうようです。

 

円形脱毛症の原因としては、ストレスが主な原因として有名ですが、

栄養不足や睡眠不足も円形脱毛症の原因になります。

つまり、髪の毛も爪も栄養が不可欠で、

栄養が十分に行き渡っていない、睡眠不足で

栄養がしっかり吸収されていない状態が続くと

髪の毛や爪を作る工場がおかしくなるということですね。

 

円形脱毛症は時に気づきにくい場所に出ることもありますが、

爪ならばいつも観察できる場所なので

毎日チェックをしておくことが

健康状態や体調の把握としてよろしいかと思います。

 

で、もし点状の陥凹が一列に並んでいるのを見つけたら

円形脱毛症になっている可能性があります。

しっかりと栄養を摂って、ゆっくりと休息しましょう。

 

ゆがみ

2016.10.26 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日はゆがみについてです!

人間は毎日骨盤や背骨がゆがんでしまうんです(-_-;)

 骨盤が右にゆがめば、背骨は左にゆがむことで

全体としてバランスをとろうとします!

骨盤が前にゆがめば背骨は後ろへ

骨盤がねじれれば背骨もねじれるという形でバランスをとります。

骨がゆがめば、筋肉のバランスももちろん悪くなります。

日常生活をしているだけで、人間の骨盤は毎日確実にゆがみます。

だとすると、たとえば満40歳の人ならば

40年間分ゆがんでいることになってしまいますが

さすがにそれはありえません。笑

人間の体には、自分の骨のゆがみを修整する機能があるのです!!

たとえば寝ている間にもゆがみは戻ります。

人は、朝起きた直後、少しだけ

背が高くなっているというのを聞いたことが

ある人もいるんではないでしょうか?

しかし、毎日同じ姿勢で作業をしたり

良くない姿勢で寝たりということが続くと

修復機能が追いつかず、ゆがみが大きくなります。

ゆがみが大きくなりすぎてこれ以上は危険だという領域に入ると

痛みという形でSOSが発せられるのです!

もし痛みがでたらすぐに治療しましょう(^o^)

巻き爪より大変な陥入爪

2016.10.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では

巻き爪補正治療を行っています。

 

巻き爪よりやっかいで、大変痛い症状が

陥入爪(かんにゅうそう)です。

 

これは巻き爪とは違い、爪が深く沈み込んだ状態です。

爪の先端や側面が爪のまわりの肉に刺さり炎症を起こします。

 

この陥入爪の原因はズバリ、深爪です。

本来であれば、足の爪は白い部分を1mmほど残して

切るのが理想的ですが、

清潔を保とうとして深く切りすぎてしまうと、

上から押さえつけていた爪が無くなる為、

指の先端の肉が盛り上がってしまいます。

 

すると、今度は指先の盛り上がった肉が邪魔をして

爪が伸びることができなくなります。

そうなると、ますます指先先端の肉が盛り上がってしまい

どんどん爪が深く沈み込んでしまいます。

 

最終的に、爪の先端や側面が食い込み痛みが生じます。

さらに傷に細菌が侵入すると赤く腫れあがり、

化膿する場合もあります。

 

化膿していたら皮膚科で診てもらわなければいけませんが、

化膿してなくて、出血もないようでしたら

当院の技術で深く沈み込んだ爪を持ち上げることができますので、

もしお困りの方がいらっしゃれば、ご相談ください。

 

 

骨盤ダイエット

2016.10.19 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です(^o^)

今日は骨盤ダイエットについてです!

ダイエットをする上で怖いのはリバウンドですが

骨盤矯正によるダイエットはリバウンドしにくいという利点があるんです!!

骨盤矯正によって内蔵や筋肉の機能が正常化して代謝が良くなり

カロリー消費がしやすくなって自然と痩せていくのです( ̄▽ ̄)

また、老廃物も出ていきやすくなるので

便秘やむくみ解消、肌の健康にも役立ちます!!

骨盤のゆがみ解消やダイエットのための

エクササイズは続けなければ意味が無いので

上手く日常に取り入れてできるだけ

毎日行うようにしましょう(^o^)

腹式呼吸をすることによって骨盤が開閉し

筋肉をよく伸縮させられるので、ストレッチやエクササイズをする時には

腹式呼吸を意識しておきましょう!

骨盤ダイエットをする上で注意すべきことは

やはり無理をしないという点に尽きます。

身体の柔らかさは個々により差があるので

指示通りのポーズをとろうと無理をして

呼吸を止めては効果は下がってしまいます。

ダイエットに限らず何でもそうですが

結果を急ぐあまりに無茶をすると、かえって身体のバランスを崩し

体調不良をおこしたり関節や筋を痛めたりする場合があります(-_-;)

骨盤が開き気味だからといって引き締める運動ばかりしていた結果

骨盤が閉まりすぎて精神的不安定を招いたり

痩せすぎたり肌が荒れたりすることもあります。

身体は一朝一夕には鍛えられません。

ダイエットを目的としている場合でも

ただ痩せれば良いのではなく

バランス良く 鍛えて健康的な身体を作ることを目標としていきましょう!!

巻き爪を予防する歩き方

2016.10.14 | Category: 巻き爪

こんにちは
あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では
特殊な補正器具を使って巻き爪補正を行っています。

最近、巻き爪でお悩みの方が増えてきています。

靴社会の弊害が一因になっているのもそうですが、
正しい歩き方をきちんと学んでいない
というのも巻き爪の原因になっていると思います。

実際に、正しい歩き方を誰かから教わることなんて
モデルさんか医療従事者くらいしか経験していない
のではないでしょうか?

 

正しい歩き方とはどんなものでしょう?

細かく書いていくと膨大な文字数になりますので、
私なりに一番簡単で分かり易い方法を
書いてみたいと思います。

何も考えず無意識に足を運んでいる場合、
おそらくほとんどの方が顔か肩が前に出て
それにつられる様にして
足が前に出ていく歩き方を
していると思います。

この様な歩き方ですと、足の裏全体で
ペタペタと歩いていますので
足の親指に地面からの刺激が伝わっていません。

爪は本来、巻く性質を持っていますので、
地面からの刺激が無くなると自然と巻いてきます。

 

では、理想的な正しい歩き方とは。

後ろの足の親指を意識して、
地面を押し出すようにして足を運んでいきます。
すると、腰から前に進むような形になり、
背筋が伸びて綺麗な歩き方になります。

この様な歩き方をすると
足の親指にしっかりと地面からの刺激が伝わり、
爪が平たくなります。

人間を含め、動物の足の爪は地面をとらえ
ひっかくことで体を前に運ぶために存在しています。

私たちも本来の爪の働きを取り戻す歩き方をすると
爪は巻くことはないのです。

 

いろいろと、歩き方の基本はありますが、
まずは足の運び方をガラッと変えて
「足を前に運ぶのではなく、後ろの足で地面を押し出す」
ということを意識して歩くようにしてみましょう。

きっといい効果が出てきます。

骨盤と便秘

2016.10.13 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日は骨盤と便秘について書きます(^O^)

まず便秘は、排便の間隔がおおむね三日以上

または毎日の排便時に残便感がある状態と

日本内科学会で定義されているんです!

便秘には大きく分けて、大腸の疾患や

生まれつきの形質異常による「器質性便秘」と

腸管機能の低下や異常による「機能性便秘」

のふたつに分けられます。

更に機能性便秘は「慢性便秘」と「急性便秘」に分けられ

慢性便秘は「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」に分けられます。

このうちの弛緩性便秘は、原因のひとつに

骨盤のゆがみがあると言われています!

腸は本来、骨盤の中にきっちりおさまっていなければなりません。

骨盤にズレやゆがみがあると骨盤の位置が変わってしまうだけでなく

内臓下垂をおこして血液やリンパ液の流れを悪くし

代謝や排泄機能の低下を招きます(-_-;)

腹腔の形もゆがみ、大腸の筋肉もゆるんで

腸が圧迫されたり引っ張られたりして

蠕動運動がスムーズに行われなくなり

腸内に便が滞留しがちになります。

滞留した便は水分が腸壁から吸収されて硬くなり

排出しづらくなって便秘となります。

これらの便秘解消には、なによりも

生活習慣を改善しなければなりません。

ただ骨盤のゆがみを正しても、生活習慣が

変わらないとすぐに元に戻ってしまいます。

きちんと三度の食事を取り、十分な量の食物繊維や水分

腸管を滑らかに便が通るように脂肪も摂取しましょう!!!

軽くで十分なので規則正しい運動もして

排便のための時間をたっぷりとるようにします。

これらの予防法がまったく役に立たないほど重症の場合

医師に相談するのも手段として考えてみてください( ̄▽ ̄)

10月の看板更新

2016.10.07 | Category: 健康

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

10月の看板更新いたしました。

p1020794

秋の花粉症についてですね。

花粉症で苦しむ「デューク・東郷」(ゴルゴ13)が

スギ花粉を狙っています。

 

今年は、秋にもスギ花粉が飛散しているようです。

通常、スギ花粉は7月~10月にかけて成長し11月以降に

気温が低温になれば、そのまま休眠状態になります。

しかし、夏の日照時間が長く、真夏日が多いと花粉のもと

となる雄花がたくさん付きます。

 

その後、秋口の日中の気温が30度近くに上昇する日と

低温の日が交互に続くと、本来は翌春に飛散する花粉が

この時期に飛散するようです。

 

スギ花粉で苦しんでいる方にはツライお話ですが、

鍼療法が症状を抑えるのに効果がありますので

お奨めです。

 

顔に鍼を刺すのですが、全く痛くありませんし、

出血もしません。

副作用もないので安心、安全な療法だと思います。

 

お困りの方は、ご相談ください。

 

 

 

 

 

肩・肩甲骨・骨盤ストレッチ

2016.10.05 | Category: 骨盤

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回もストレッチについて書いて

行きたいと思います(^o^)

肩から背中のこりに悩んでいる方は

肩甲骨を動かすストレッチをしてみましょう!!!

・身体を横向きにして寝転がり上側の股関節と膝を直角に曲げます。

両腕は肩の高さで目線の前に出してください。

脚を動かさないようにして

上側の腕を後ろに向けて息を吸いながら開いていきます。

すると腰の辺りで身体がねじれて

上半身だけが上向きになると思います。

次は息を吐きながら開いた腕を元に戻します。

これを5回ずつ、身体の向きを変えて行ってください。

肩甲骨周辺筋が刺激されて血流が良くなり

酸素や栄養を円滑に流せるようになります( ̄▽ ̄)

肩から首のこりには

後頭部から背中全体を覆う僧帽筋ストレッチが効果的です。

僧帽筋は体温調節の役目も併せ持っているので

冷え性や自律神経の乱れを感じている方にもお奨めです!!!

・足を肩幅に開いてしっかり立ち

両手を後ろで強く組みます。

組んだ両手をお尻の下方へ向けて引き下げながら

肩の筋肉を意識しつつ首を斜め前へ倒し

30秒ほどその状態を保持してください。

これを左右、2回ずつ行います。

また、肩をすくめてストンと下ろすのも効果があります(^O^)

これは座っていてもできるので

デスクワークの途中などでもマメに行うと良いでしょう!

骨盤の前傾、腰に反りがある方の腰痛対策です。

・仰向けに横たわり、脚は軽く曲げて、両腕は体の横に置きます。

背中と床の間に隙間が出来ていると思うので

その隙間を埋めるように背中を床に押しつけましょう。

その状態でお尻を浮かせて5秒間保持しゆっくりと下ろします。

初めは2~3回くらいから、慣れてきたら10回ほど行うと良いでしょう。

皆さん、ストレッチは積極的にしていきましょう!

爪が2枚にはがれる

2016.10.01 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

巻き爪補正を行っています。

 

日々、患者さんを見ていますと爪の先が薄く2枚に

剥がれてしまっている方を見かけることもあります。

 

二枚爪と言われるものですが、原因は乾燥や外部からの

刺激、衝撃が多いです。

そもそも爪は三層構造になっていて、一番上が背爪(はいそう)、

中側が中爪(ちゅうそう)そして一番下が腹爪(ふくそう)と

名前が付いています。

その層の間に空気が入ることで、

背爪が少しずつはがれて二枚爪になります。

 

食器洗いやお風呂掃除など頻繁に洗剤を使用したり、

ネイルをしている女性の場合、マニキュアやジェルを

落とす時のリムーバーにより

爪が乾燥してはがれやすくなります。

 

また、極端なダイエットなどでたんぱく質が不足すると、

健康な爪を作ることができなくなり、未完成な爪が

生えることで二枚爪ができやすくなると考えられています。

 

外部要因としては、指先の力を使う仕事が多い方や、

弯曲している爪を無理矢理爪切りで切ったりすると

爪に衝撃を与えてしまうため、二枚爪になってしまいます。

 

ですので、二枚爪にならないようにするために

手や足だけでなく爪にも保湿をしてあげましょう。

難しく考える必要はなく、爪の周りの皮膚にまで

揉みこむようにハンドクリームを

塗ってあげるといいと思います。

 

マニキュアをしている方は、あまり頻繁に

変えすぎないようにしましょう。

そして、たまには何もつけない日を作って、

爪を休ませてあげる必要があります。

 

最後に一番肝心なことですが、バランスの良い食事を心がけ、

たんぱく質をしっかりと摂りましょう。

 

爪の成分はカルシウムではなく

ケラチンという繊維状のたんぱく質です。

ダイエットや何らかの理由で食事制限が必要な場合でも

三大栄養素は不足の無いように常に心がけたいですね。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日