MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

ぎっくり腰⑥

2019.02.20 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回もぎっくり腰について

書いていきたいと思います( ̄▽ ̄)

○ぎっくり腰になってマッサージなどはしても良いのか悪いのか

デスクワークや重い物を持って酷使した腰に

マッサージはとても気持ちが良いもので

整体やマッサージ屋さんで

施術を受ける方もかなり多く見られます!

ぎっくり腰の原因は筋肉や神経

椎間板など様々で、それぞれに適した治療を行わなければ

効果がないばかりか、痛みを悪化させてしまう事もあります(ーー;)

ではマッサージが効果を発揮するのは

どのような時なのかと言うと

マッサージには筋肉の緊張を緩めて

循環を良くする効果がありるので

筋肉が過度に緊張して痛みを出している場合や

筋肉の緊張により背骨の動きが悪くなって

しまっている場合などに有効といえます!!

ただ、痛みの原因を自己判断するのは難しいです!

安全面を考えればやはり一度整骨院に

来てみて症状を見てもらうのもいいでしょう(^o^)

ぎっくり腰⑤

2019.02.06 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回はぎっくり腰になった時に

自分でできる応急処置について

書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

ぎっくり腰の大半は数日~数週間で症状が落ち着いてきますが

発症直後の脂汗をかくような痛みは耐え難いものですよね(ーー;)

もしぎっくり腰になってしまった時は

むやみに動かずにまずは最も楽な姿勢で

ゆっくりと深呼吸を繰り返しましょう!

しばらく繰り返していると、それだけでも

痛みが落ち着いてくることがありますよ(^o^)

もし少し動けるようになったら今度はゆっくりと

体制を変えてここでも深呼吸を繰り返しましょう!

個人差はありますが、過度に緊張した筋肉が

緩んで楽になることがあります(^o^)

ただし、この方法が有効なのは

骨や神経などに異常がない場合のみです!

もし足のしびれや爪先が動かないなどの

症状が出現した場合は、神経の障害が強く疑われます!

なのでできるだけ早く病院にかかるようにしましょう!!

ぎっくり腰④

2019.01.23 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回もぎっくり腰について

書いて行きたいと思います(^o^)

☆ぎっくり腰の時にコルセットはつけたほうが良いのかどうか!

たしかにぎっくり腰になった時

コルセットをつけると楽に動けるという方は多いです!!

前回の記事の通りぎっくり腰の早期回復のためには

できる限り普段通りの生活を心掛けることが重要なので

コルセットで楽になって普段通りの生活が

行えるのであれば着用しても良いと言えます( ̄▽ ̄)

「コルセットをつけていると筋肉が落ちてしまうのでは」

と心配する声も聞きますが

寝たきりにでもなっていない限りは

コルセットの装着が直接大きな筋力の低下に

つながることは考え難いです(ーー;)

ただし、長い目で見ると、身体の使い方が下手になったり

筋肉を上手く使うことができなくなることで

二次的に筋力の低下を招いてしまう

という事は考えられます( ̄▽ ̄)

コルセットをつけないで無理に我慢して痛みを長引かせたり

活動性が下がったりすることの

弊害の方が大きいとは思われますが

コルセットに頼らずに済むのであれば

それに越したことはありません!!

痛みと相談しながら徐々に外していくのが良いと思います(^o^)

ぎっくり腰③

2019.01.16 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回もぎっくり腰について

書いていたいと思います( ̄▽ ̄)

☆ぎっくり腰になったらどうしたらいいのか

イギリスの医学誌に掲載された研究に

ぎっくり腰をした患者さんを

①「ベッドでの安静」

②「治療家による施術を受ける」

③「できる限り通常の日常生活を過ごす」

という3グループに分けて

経過を追ったものがあるそうです!

その結果

③の「できる限り通常の日常生活を過ごす」

ように心掛けたグループが最も回復が早く

①の「ベッドでの安静」

を行ったグループが最も回復が遅かった

という結果になったそうです(^o^)

他の研究を見ても、動けないほどの激痛で

ある場合を除いて、安静にしていることは

症状を長引かせることがほとんどのようです!

ぎっくり腰の早期回復には普段通りの

生活を心掛ける必要があります!

楽になるようなら湿布や痛み止めなどを使っても構いません( ̄▽ ̄)

痛みを我慢してまで行う必要はありませんが

軽いストレッチなどを行うのも悪くはないです!!

温めたり冷やしたりは

より楽になる方を選んでいただければ

間違いありません!

数日経てば温める方が良いでしょう!

ただ、怖いのは椎間板ヘルニアや

圧迫骨折などの病気が潜んでいる場合です!

あまりに痛みが強い場合や

症状の改善が見られない場合などは

自己判断を避けて整骨院や整形外科を

受診することをお勧めします(^o^)

ぎっくり腰②

2019.01.09 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回もぎっくり腰について書いて

行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆ぎっくりの予防

ぎっくり腰の原因は前の記事で紹介した通り

はっきりしていなくて様々な状況で発症します!

したがって有効な予防法も一概には言えないんですが

日頃から動き方や姿勢に気を付けたり

十分な筋力や柔軟性を保つことが重要です(^o^)

具体的に

○床の物を拾う際には腰を曲げるの

ではなくて膝を曲げて腰を落として拾う!

○持ち挙げた重い物に負けて

せぼねが曲がってしまわないように

腹筋や背筋を十分に鍛える!

○股関節を柔らかくして腰の負担を

分散させる!

○同じ姿勢を長時間取らない!

など色々あります( ̄▽ ̄)

ちょっとした気づかいがぎっくりの予防に

つながるので皆さんも気をつけましょう(^o^)

ぎっくり腰

2018.12.26 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回からはぎっくり腰について書いて

行きたいと思います(^o^)

☆ぎっくり腰とは?

重い物を持った拍子に突然腰が

痛くなり動けなくなってしまう

そんな恐ろしいぎっくり腰は

正式には急性腰痛と言うんです( ̄▽ ̄)

読んで字の如く急激に発症した腰痛を指します!

欧米ではその激しい痛みから

「魔女の一撃」なんて呼ばれたり

しているそうです(´∀`)

多くは一週間から二週間程度で

自然に回復していきますが

時間経過によって改善が見られない

または下半身に痛みやしびれと言った

症状が出現した場合などは

椎間板ヘルニアなどの病気が

隠れていることがありますので要注意です!

☆では何故ぎっくり腰になるのか

患者さんから最も多く聞かれるのは

「重い物を持ち上げた時」

になる場合が1番多いですが

「少しお辞儀をしただけ」

「ただ立ち上がろうとしただけ」

など、 ぎっくり腰が起こる状況は様々あります(ーー;)

ぎっくり腰になった時に身体の中で

何が起こっているのかは

実ははっきりとしたことは未だ分かっていません!

椎間板ヘルニアや圧迫骨折などの病気による

痛みをただのぎっくり腰と思って放置したり

している場合があるので

ぎっくり腰になったら一度診察

してみてはいかがでしょうか?

腰椎すべり症④

2018.12.19 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回は腰椎すべり症の症状と治療

について書いて行きたいと思います(^_^)

☆症状

一定の距離を歩くと足にしびれや

痛みが出て、しゃがんだり、座るなどをして

休むことによって再び歩けるようになる

間欠性跛行が代表的な症状です!!

似たような症状を呈する病気に

脊柱管狭窄症や下肢の血流障害などがあります!

そのほかにも、下肢のしびれや麻痺

尿の出が悪くなるなどの症状がでることがあります(ーー;)

☆治療

一般的な腰椎すべり症では

最初は間欠跛行や疼痛

しびれが主な症状で

運動麻痺をみとめることは多くありません!

そのような場合はまず、マッサージ

薬物療法などによる治療を始めます(^_^)

こうした治療が奏効しない場合には

整形外科などでブロック注射を行います!

保存療法で十分な効果が得られない場合や

筋力低下がある場合、形成不全性すべり症などでは

最終的に手術的な治療が行われます!

腰椎すべり症③

2018.12.12 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も腰椎すべり症について

書いていきたいと思います( ̄▽ ̄)

前回お伝えした通り腰椎変性すべり症と

腰椎分離すべり症について少しずつですが書きます!

☆腰椎変性すべり症

加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して

腰椎が正常な位置からずれてしまいます!

特に第4腰椎と第5腰椎の間に

生じることが多いといわれています(ーー;)

☆腰椎分離すべり症

腰椎分離のための力学的脆弱性と

長期間かけて腰椎の変性が進むことによって起こります(ーー;)

第5腰椎の分離症が多くて

その場合は第5腰椎とその下の仙椎間ですべりが生じます!!

最後にもうひとつ紹介します!

☆形成不全性すべり症

生まれつき骨の形成の状態が

悪いために起こるすべり症です!

腰椎の分離も伴っていることが多くて

高度なすべりに進行する可能性があります( ̄▽ ̄)

もし腰痛があれば置いとかずに

病院か整骨院を受診してみましょう!

腰椎すべり症②

2018.11.28 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回も腰椎すべり症について

書いていきたいと思います(´∀`)

☆腰椎すべり症になる原因

脊柱管の中には重要な神経である

脊髄せきずいが入っています!

腰のあたりになると脊髄はバラバラに

ほどけた形態をとるようになって

見た目の様相が馬の尻尾のような形態を

していることから馬尾ばび神経と呼ばれます( ̄▽ ̄)

腰椎すべり症では背骨がずれることによって

脊柱管が狭くなって馬尾神経や

神経根などが圧迫されて

症状が出たりします(ーー;)

腰椎すべり症は大きく分けて

☆腰椎変性すべり症

☆腰椎分離すべり症

の2種類にわけられるんですが

先天的な要因から発症する

☆形成不全性すべり症

と言うのもあります!!

次回はこの腰椎変性すべり症と

腰椎分離すべり症について

書いていきたいと思います(^_^)

腰椎すべり症

2018.11.21 | Category: 腰痛

こんにちは!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回は腰椎すべり症について

書いて行きたいと思います(^_^)

背骨は、椎骨と呼ばれる骨が

いくつも連なって構成されています( ̄▽ ̄)

椎骨には椎孔ついこうという穴があいていますが

椎骨がいくつも縦に連なることにより

椎孔も連なって一本のトンネルのような

脊柱管と呼ばれる空間が形成されます!!

脊柱管の中には神経が通っています!

☆腰椎すべり症とは

腰の部分で椎骨が正常な位置からずれた状態をいいますが

椎骨がずれる(すべる)ことにより脊柱管が狭くなります(ーー;)

それにより、脊柱管の中にある神経組織が圧迫されて

さまざまな症状が現れます!

主な症状は脊柱管狭窄症と同じです( ̄▽ ̄)

具体的には、長い距離を歩いたり

長時間立っていたりすると腰から足にかけて

痛みを生じるようになります!

また、足のしびれや麻痺まひ

排尿障害を生じることもあります(ーー;)

腰椎すべり症は大別して

腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症の2種類に分けられます!

このうち頻度が高いのは変性すべり症です!変性すべり症は加齢に伴い生じて

中年以降の女性に多い傾向があります(ーー;)

腰椎変性すべり症・腰椎分離すべり症ともに

画像上すべりを認めても

症状がない場合には積極的な治療は行わないんです!

痛みがある場合は、まず、マッサージ、理学療法

薬物療法、装具療法、ブロック注射などを行います!

これらの治療で思わしい結果が得られない場合

手術を選択する形が一般的です!

皆さんもまずはマッサージで腰の筋肉を緩和してみましょう(^_^)

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日