MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 睡眠の記事一覧

足がつりやすいタイミングと要因②

2017.09.28 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も前回に引き続き足がつりやすい

タイミングと要因について

書いていきたいと思います( ̄▽ ̄)

☆睡眠中

最もよく足がつるタイミングとして挙げられるのは睡眠中です!!

気持ち良く寝ている間に突然襲ってくる「ピッキーン!」とくる痛み。

非常に、許せないぐらい痛いですよね(ーー;)笑

睡眠中に足がつるのは、筋肉の疲労や水分不足

ミネラル不足等が原因として挙げられます!

日中、激しい運動や長時間の運動をすると

足の筋肉が疲労して筋肉が異常収縮をするというわけです( ̄▽ ̄)

足がつるのは、筋肉の痙攣ですので

神経が信号を間違えたようなイメージです!

睡眠中の足のつりを防ぐには

水分補給、ミネラルなどの栄養補給

それに、運動後は、時間をかけてストレッチを行い

早めに筋肉の疲労をとっておくことが大切です!!
睡眠中の「ピッキーン!」への対処をしっかりと行いましょう(o^^o)

「足がつる」予防に効果ある栄養素

2017.08.30 | Category: 睡眠

こんにちは!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日は栄養素について書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

「足がつる」予防に効果ある栄養素には

どのような栄養素があるのでしょうか?

☆マグネシウム

マグネシウムには、神経を穏やかにしたり

体温や血圧を正常に戻すといった働きがあります!

足がつるという症状は、神経が筋肉に間違った信号を伝達して

異常収縮をするという仕組みのため

マグネシウムの摂取によって、神経の緊張を解くことは有効な方法ですよ(o^^o)

マグネシウムが多く含まれている食品は

・シラス

・大豆製品(油揚げ、豆味噌、納豆など)

・貝類、などが挙げられます!

他に足がつる症状に効果的な栄養素は

ナトリウムやカルシウム、カリウムなどが挙げられますが

そのどれにも該当している優秀食品

足がつる症状に効果的な食品は大豆製品!!

好きな大豆製品で足がつる予防をしましょう( ̄▽ ̄)

☆ナトリウム

足がつることを予防する方法の一つに食生活が挙げられます!

その中でもミネラルを補うことがあります。ナトリウムは、ミネラルの一つで、体にとって大切な栄養素なんです(o^^o)

一般的には、ナトリウム=食塩と思われがちですが

「ナトリウム量(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g)」

という式があるように、ナトリウム量と食塩相当量には違いがあるんですよ( ̄▽ ̄)

ナトリウムが多く含まれる食べ物は

・梅干

・味噌

・醤油

・生ハム

・明太子

などが挙げられます!

いわゆる日本の調味料や加工食品に多い傾向です。

ただ、持病がある人や現在、病気治療のため

塩分の摂取を制限されている人は、注意が必要ですよ!!!

必ず摂取量守って摂取しましょう!

皆さん足がつらないように予防しましょう(o^^o)

足がつった時の対処法

2017.08.23 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

前回に引き続き足がつった時の対処法を

書いていきたいと思います( ̄▽ ̄)

☆温める

足がつる原因は、血行不良が考えられます!

ということは単純に足がつったら、足を温めてみる!!

というのが対処法として考えられますよね( ̄▽ ̄)

足がつったら冷やす、という人がいますが、それは逆効果です!

冷やすことによって、更に足がつりやすい状態になります(ーー;)

血行不良が原因だと知っていれば

そのような間違いは防ぐことができますよね(o^^o)

足がつったらゆっくりと温めて

それから、痛みがなくなったら徐々に

マッサージやストレッチを行うのが、正解です!!

この間、無理に足を使ったり、無理に足に負担をかけてしまうと

怪我や足を痛めるなどの次なる症状を招くことになりますので

痙攣がなくなるまで、しばらくは静かに待っておきましょう( ̄▽ ̄)

決して無理は禁物ですよ!!!

☆塩をなめる

塩には、ナトリウムという栄養素が含まれています。

ナトリウムは、ミネラルの一種で、体に大切な栄養素の一つです!

激しい運動や長時間の運動をした後は

このミネラルが不足している状態になりますので

そのような原因によって足がつっている場合は有効な方法だと言えます!

ただ、気をつけておきたいのは

ナトリウム不足以外の原因で足がつる

ということもあるということです!

例えば、水分不足だったり病気というのも原因として考えられます(ーー;)

このような場合は、ナトリウム摂取が逆効果になる場合もあります!!

また、同じミネラル不足でもカリウム不足の場合は

果糖や生野菜の摂取がお勧めですので

足がつるからといって、闇雲に塩をなめるのは避け

原因を理解した上で対応しましょう!

足がつってしまったら

2017.08.16 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も前回に引き続き足がつった時の

対処法とつらないためにどうすればいいかを

書いていきたいと思います( ̄▽ ̄)

☆膝を立てて寝る

足がつった時、直接筋肉をほぐそうとすると

かえって筋肉を痛めてしまう可能性もありますので

足がつった時の応急処置としては、危険な方法なんです(ーー;)
足の筋肉の緊張をほぐすことが先決ですので

力を入れず、膝を立ててリラックスしましょう!!
膝を伸ばした状態だと、更に足がつる状態のままです(ーー;)
もし、膝を立てることが難しい場合は、伸ばした足の膝の下に

丸めたタオルやクッションを入れるだけでも

効果があるので是非試してみて下さい!

とにかく、まずは、足が一直線に伸びた状態を避ける

ことがつった足を改善する有効な方法です(o^^o)

足がつった状態から解放されたら

今度は筋肉を揉みほぐしたり

水分を取るなどして、足がつる状態に

なりにくい足作りを心がけましょう!!

☆ツボ押し

足がつる、という症状はどんな原因であれ

だいたい足の血行不良が原因で起こります。

足がつったら、筋肉に直接刺激を与えてしまっては

逆に痛めてしまう可能性もあるので、おススメしません(ーー;)

そこで、足のツボを押す事によって

つった部分の緩和や改善にもつながるという方法をご紹介します!

足の膝のお皿のすぐ外側の裏側にある

○陽陵泉(ようりょうせん)は、ふくらはぎの筋肉がつった時に効果的です!

また、アキレス腱の延長線と、ふくらはぎの真ん中あたりにある

○承山(しょうざん)もオススメです!!

その他にも、足裏の真ん中から少し指の方へ上がった所にある

○湧泉(ゆうせん)や

足の小指の付け根の外側にある

○通谷(つうこく)も、血行を良くするツボです!!
ツボを押すポイントは、痛気持ちいい程度です(o^^o)

是非一度足がつった時には試してみてください!

足がつってしまったら

2017.08.02 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も足の痙攣について書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆もし足をつってしまったら

・ゆっくりストレッチする

足に激痛が走り、つったな、と感じたら

まずは、リラックスしましょう!!

痛みがなくなり、足が動かせるようになったら、ストレッチをして

足の筋肉を充分ほぐしておくと、足がつりにくくなりますよ(o^^o)

過度な運動で筋肉を酷使するのは

足がつる原因にもなりますが、逆に座りっぱなしや立ちっぱなしといった

同じ姿勢を続け、筋肉や体をカチカチの状態にしておくことも

足の血行が悪くなり、足がつる状態を生みやすくします!!

適度に筋肉をほぐし、関節を柔らかくすることによって

血行が良くなり、足がつりにくくなります( ̄▽ ̄)

関節や手首、足首といった〇首と名のつく部分は

元々狭い部分ですので、血行不良の原因にもなります!

日頃からよくほぐしておきましょう(^_^)

・足首回し・足首反らし

足がつったら、暫く待って

また動かせるようになったら足首を動かして

徐々に足を動かす方法が良いでしょう!

突然動かしてしまうと、筋を痛めてしまうこともあります(ーー;)

また、足がつった時の対処法として

足を反らせるというのを見たことがある人もいるかもしれません。

足首やふくらはぎのストレッチとなり

つった足の痛みを取り除き、緩和してくれる効果があります!

足がつった時の対処法としてだけではなく

日頃から、足首を回したり

足を反って足裏やふくらはぎのストレッチを心がけておくと

足がつらないための予防にもつながりますのでオススメですよ!!

筋肉も柔らかくなり、血行不良も防げ冷え性にも効果があります。

特に道具も不要で場所もこだわらずにできるのも良いですよね!!

みなさんもつったと感じたら是非やってみましょう(o^^o)

睡眠時に足がつった時の対処法

2017.07.26 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日も足の痙攣(こむら返り)について

書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆睡眠時に足がつった時の対処法

・全身の力を抜く

足がつる症状は、筋肉の痙攣、つまり筋肉の緊張が続いている状態です。

そこで、足がつった時の対処法として

とにかく足の筋肉をリラックスさせ

全身の力を抜くことが良いです!

足を動かそうにもなかなか動けませんし

無理に動かして、違う部分の筋などを痛めてしまっては

どうしようもないので無理をせずになるべくダラダラとしておきましょう。

横になったり、椅子に座ったり出来るなら良いですが

もし、立ったままの状態であれば

片足ずつ上げてブラブラさせてみたりして

体重をかけずに出来る方法で行いましょう!

足がつる症状は、一般的には長くは続きませんし

病気でない限り、頻繁には起こりません(ーー;)

ゆっくりとした気持ちで治まるのを待ちましょう!!(o^^o)

・痛くない角度を探す

足がつったら、もうどうしようもない気分になりますよね(ーー;)

まずは、足を少しずつ動かして、足が痛くない角度を見つけてみてください。

足がつった状態を早く回復させる効果と

無理に動かして筋を痛めるなどの二次的な怪我などを防ぐことができます。

少しずつ動かしてみて、楽な角度を見つけることができたら

後は、リラックスして、筋肉に力を入れずに、暫く待っています!

すると、足がつった状態はそれほど長くは

続かないのでまたすぐ動かせるようになります。

何度も足がつるようなら、内蔵の病気の可能性もあります!!

早期に発見、治療は基本の「き」です。

出来るだけ早く医療機関での受診を行うようにしましょう(o^^o)

足がつるの意味

2017.07.19 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回も足がつる関連について書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆「足がつる」の言葉の意味

「足がつる」の「つる」を漢字で書くと「攣る」と書きます!!

つまり簡単に言えば、足が引き攣ること

痙攣(けいれん)するということです(o^^o)

ちなみになんですが「痙る」と書かれている

場合は、「ひきつる」と読みます!

辞典で「足がつる」という言葉を調べてみたら

”ふくらはぎが痙攣して、激痛を感じると共に

思い通りに動かせなくなることを指す語。

症状名としては「こむら返り」という言う場合が多い。”

と載っていました( ̄▽ ̄)

一般的に「足がつる」というと筋肉が急に収縮し

そのまま固まってしまって痛くて動かせなくなることを指し

さらに専門的な言葉では「有痛性筋痙攣」とも呼ばれています!!

皆さん、足がつるとはこう言う事です(o^^o)

足がつる年齢・季節

2017.07.12 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も足がつる事について説明して行きたいと思います( ̄▽ ̄)

足がつる人は、年齢に関係なくいらっしゃいますが

特に中高年の方で多くいるみたいです(ーー;)

中高年の方が足がつりやすい理由は

加齢による筋肉量の減少、脱水症状、動脈硬化による血行不良

薬の副作用など若い人に比べるとあらゆる原因が重なって

足がつる可能性が高まるからです!!

また足がつることが慢性化したり

重症化しやすいのも中高年の方が多いんですよ(ーー;)

病気が原因の足のつりは、病気を治療しなければ治りませんが

上記に挙げた原因は、ほんの少し日頃の生活を

気を付けるだけで予防することが可能です。

自分の生活を見直して足のつらないカラダ作りをしましょう(o^^o)

☆こむら返りになりやすい季節

足がつるのは、一年中いつでも起きる可能性がありますが

一年を通して一番足がつりやすい季節は

秋から冬にかけての寒い季節です!!

冷えは、万病の元とも言われますが足がつる原因にもなっています。

マッサージをしたり、お風呂に入ったり

靴下を履いたり、いろんな冷え対策を行っていても足は冷えてしまいがちです(ーー;)

また寒い季節は、汗をかかないためどうしても水分補給を忘れがちです!

気付かないうちに身体の中の水分量は少なくなり

軽い脱水症状を起こってしまっている場合もあるんです(ーー;)

汗をかいていなくても乾燥している冬は、呼吸、皮膚の湿度保持

衣類に吸湿されたり、気づかないうちに水分を失っています。

冬もしっかり水分補給を行うようにしましょう!!

もちろん夏もしっかりと補給しましょう!

睡眠時に足がつる

2017.07.05 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

最近よく「寝ている時に足がつる」

と患者さんから聞くので今日はその事について

書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

突然、足がつってしまう症状のことを

一般的に「こむら返り」と呼びます!

睡眠中に突然こむら返りの症状に悩む人は

その原因が足に問題があると思いがちなんですが

実は違う場合もあります( ̄▽ ̄)

足の筋肉の異常に間違いはないですが

その異常を引き起こしている根本的な原因が他にあります。

それは「マグネシウム不足」です!

簡単に説明すると

・マグネシウムの役割→筋肉を緩める

・こむら返りになっている状態=筋肉が縮んでいる

筋肉を緩めるマグネシウムが不足すると

こむら返りを招いてしまうという訳です。

そこで、マグネシウムを沢山摂取しようと思っても

食事から必要摂取量を摂るのは難しいので

サプリメントから補給することも一つの手ではあります!

☆なぜ睡眠中にこむら返りになるのか?

運動中に足がつるという人も結構多いと思いますが

意外と睡眠中に足がつるという人が多いとよく耳にします(ーー;)

睡眠中にこむら返りになる主な原因は下記の通りです!

1.水分不足

寝る前は、夜中、寝ている時にトイレに行きたくないため

どうしても水分を控えてしまいがちです( ̄▽ ̄)

ただ寝ている間も汗をかくので身体の中の水分が不足してしまいます。

寝る前にコップ一杯または、コップ半分の水を飲むだけでも

水分不足によるこむら返りは防ぐことができますよ!!

2.ミネラル不足

水には、多くのミネラルが含まれています。

水分摂取をあまりしないと、ミネラルも水分同様に

汗をかくことでどんどん身体の中から出て行ってしまいます。

そのためミネラル不足になり、こむら返りになりやすくなります!!

水を少し飲んでも改善されない時は

ポカリスエットやアクエリアスのようなスポーツドリンクを

飲むと改善される場合もありますよ!

3.冷え

この原因は、運動中に足がつる原因には無い原因で

夏場は、クーラーや扇風機などで寝ている間に身体を冷やすことで

冬場は、寒さによる冷えで足が冷えてしまいます(ーー;)

足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり

急に足を伸ばそうとしてロックが

かかってしまい足がつることがあります!

特に寝ようとする時や熟睡中、目覚めた時に

足がつるという方は、冷えが原因かもしれませんよ!!

4.筋肉疲労

普段寝ている時の筋肉は、ゆるんでいる状態ですが

昼間に運動などをして筋肉が疲れている場合

寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こし、足がつることがあります。

運動前と運動後のストレッチは、運動中のケガの予防はもちろん

筋肉の疲労回復にも効果的です。

特に久しぶりに運動をする時には

念入りにストレッチすることをおすすめします!

このように足がつる原因は多々ありますが

皆さんもどれに当てはまるか見てみて

予防してみましょう!!

睡眠時無呼吸症候群が招く事故

2017.06.28 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日も睡眠について書きたいと思います!

☆睡眠時無呼吸症候群が招く事故

睡眠時無呼吸症候群によって生じる日中の眠気は

判断力・集中力や作業効率の低下を招きかねません!

睡眠時無呼吸症候群や睡眠障害によって生じる経済的損失が

3.5兆円になるとの試算もあるように、交通事故をはじめ

医療事故・産業事故などにもつながれば社会的リスクも重大なんです(ーー;)

睡眠時無呼吸症候群による居眠りは

仕事中や運転中にも悪影響を与えかねません( ̄▽ ̄)

一般の「運転中の眠気」の経験割合は

非睡眠時無呼吸症候群患者と比較して

睡眠時無呼吸症候群患者で4倍(40.9%)

「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%

という調査結果も示されているんです!!

睡眠時無呼吸症候群のことが比較的知られるようになった現在でも

睡眠時無呼吸症候群が関与したとされる交通事故は後を絶ちません。

それは、自分の症状が睡眠時無呼吸症候群であるということに気づかず

適切な検査や治療に至っていない人が

まだ多いということでもあるようです(ーー;

「いつもの眠気」や「いつものイビキ」に

睡眠時無呼吸症候群のリスク、ひいては交通事故をはじめとする

社会的な事故のリスクまでもが潜んでいるということを

改めて考えて頂きたいと思います!

2012年に群馬県藤岡市の関越自動車道で起きた

高速ツアーバスの事故はまだ記憶に新しいでしょう。

バスが高速道路脇の壁に衝突し、乗客7名が死亡

38名が重軽傷を負った大事故です。

事故後、運転手の日雇いなど複数の法令違反が明らかになり

バス会社の安全管理体制が問題視されました。

この事故を受けて、国も再発防止策をまとめるなど対策に乗り出しましたが

一方で運転手に睡眠時無呼吸症候群の症状が

確認されたことでも注目が集まりました。

睡眠時無呼吸症候群と交通事故をめぐっては

睡眠時無呼吸症候群症状が事故にどう影響したかが争点の1つになり

過去の裁判でも判断がわかれています。

この事故では、睡眠時無呼吸症候群の影響で

突然意識を失ったとする弁護側の主張が退けられました。

自動車運転過失致死傷罪などに問われた運転手に

懲役9年6ヶ月・罰金200万円の実刑が確定しています。

このように睡眠時無呼吸症候群は怖い病気の一つなので

皆さんも治療するようにしましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日