MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 巻き爪の記事一覧

爪の切り方で巻き爪予防

2021.02.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

大阪茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

爪の切り方を誤って巻き爪になる方が結構来院されます。

 

最初は問題なくても

少しずつ痛くなり、痛いから深く切り・・・

という具合に段々と悪化していきます。

 

ですので正しい爪の切り方を身に付けて巻き爪予防をする必要があります。

 

まず、爪の長さは上から見て、

爪の先から軽く1mmほど皮膚が見える程度にしてください。

それ以上皮膚が見えるようでしたら深爪です。

陥入爪になる可能性が高くなるのでご注意ください。

 

次に、爪の形。

爪の端をしっかりと残してスクウェア型(四角い形)にしましょう。

ほんの少し丸くしても結構ですが、

爪の端を切り落とさないように形を整えるときれいな形になります。

 

絶対にしてはいけないのが、

真ん中から爪の端に向かって斜めに切ることです。

このような形にすると爪がナイフの様に

皮膚に食い込んでしまうので高い確率で痛い巻き爪になります。

 

足の爪を切るのって手と比べて少々面倒ですよね。

ですので、長持ちさせようとついつい短く切りがちです。

 

でも、たった1度の失敗で痛い巻き爪になることもあります。

 

巻き爪予防の観点から考えると

足の爪は手の爪以上に丁寧に扱う必要があります。

毎日チェックして、こまめにお手入れをしてあげてください。

 

 

 

 

 

巻き爪補正の危険性について

2021.02.14 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

大阪茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

世の中には、巻き爪を補正する技術や器具がいろいろとあります。

 

しかし、爪の知識や技術が浅いサロンで補正を受けたり、

市販の器具などで無理矢理爪を伸ばしたりすると

爪が割れたり、欠けたりすることがありますのでご注意ください。

 

当院にも爪が縦に割れてしまった患者さんがいらっしゃいます。

 

そのような方のほとんどが硬くて乾燥した爪をされています。

硬くて分厚い爪や乾燥した爪は

とても割れやすく慎重に対処する必要があります。

 

それなりに対応する技術が必要で

安易に巻き爪を伸ばそうとするととても危険です。

 

当院では、巻き爪補正の他に割れ爪の補正もできますが、

割れ方によっては補正できないこともありますので

無理に巻き爪を伸ばそうとせず

まずは当院にご相談いただければと思います。

 

あさかわ鍼灸整骨院では、常に患者さんに安全な方法で

慎重に巻き爪補正を行っていますので

安心してご来院ください。

 

 

 

 

 

 

巻き爪は足のにおいの原因になる

2021.01.31 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

大阪茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

 

この時期、足先が冷えるので厚めの靴下を履いたり

ブーツを履いたりする機会が多いと思います。

そんな折、足のにおいが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

巻き爪の方は、そうでない方に比べると

足のにおいが強く現れがちです。

 

なぜなら巻き爪になった爪には皮脂や角質、靴下の繊維などが

爪の下にこびりつきやすく、また自然に取れにくいからです。

それが、靴下の中で蒸れて細菌が繁殖し強いにおいを放つのです。

 

巻き爪は爪と皮膚の間に余裕がありませんので

無理にほじくり出そうとすると痛いですし、

酷い場合には傷つけて出血したりするので

ご自身で取り除くことはお勧めしません。

 

ここは専門家に相談して掃除してもらうのが一番ですが、

巻き爪を解消しない限り根本的な解決にはならないでしょう。

 

「ペディグラス・テクノロジー」の巻き爪補正は、

仕上がりがとても綺麗で、どこに器具が付いているのか

分からない程目立たないのが特徴です。

ですので、靴下やストッキングを破る心配は無く

安心して日常を過ごせます。

 

もし、酷い足のにおいでお困りでしかも爪が原因であるならば、

ぜひ、当院にご相談ください。

しっかりと丁寧に施術いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪の男女比

2021.01.24 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

よく患者さんから「巻き爪になるのは女性だけですか?」と聞かれます。

 

しかし、巻き爪になる方の男女比に差は無いのではないかと思っています。

 

当院に来院される患者さんの男女比はわずかに女性の方が多いですが、

もちろん男性の患者さんもいらっしゃいます。

そして付け加えるなら、圧倒的に男性の方が重症になっていることが多いです。

 

おそらく長い間放置していて、どうにもならない程困ってから来院されるのだと思います。

ですので、男性の患者さんの方が少ないと考えられます。

 

巻き爪補正は出血や膿が出ている状態ではできません。

とても痛い思いを我慢して、足を引きずりながら来院される患者さんを見ると

何とかしてあげたいという気持ちは湧きますが、

まず傷の処置をしないと衛生上良くありませんので補正できないのです。

しばらく巻き爪による辛さを辛抱してもらわないといけません。

 

そのようなことを踏まえると、巻き爪によって指が痛み出したら

できるだけ早いうちに当院にご相談くださるのがよろしいかと思います。

 

巻き爪による指の痛みが毎日続くようなら近いうちに皮膚が切れます。

出血すると補正できませんので、出血する前にぜひご来院ください。

 

巻き爪を放っておいても良いことはありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いいたします。

2021.01.18 | Category: 巻き爪

あけましておめでとうございます。

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2021年新しい年が始まりましたが、

新型コロナウィルスの感染者数はなかなか減らないようです。

 

あさかわ鍼灸整骨院でも、定期的な換気とアルコール消毒、体温チェック

手洗いとマスクの徹底を行い感染対策を行っています。

 

茨木市にある あさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

少しでも多くの巻き爪でお困りの患者さんが痛みから解放されて、

楽に歩けるように今年も丁寧に施術していきます。

 

相談、カウンセリングは無料ですので遠慮なくご連絡ください。

12月29日~1月3日はお休みです

2020.12.27 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

今年も残すところ僅かとなりました。

当院は明日12月28日が今年の仕事納めです。

今年一年お世話になりました。

 

今年は、たくさんの方から「巻き爪をどこに相談してよいか分からない。」

という声をいただきました。

私達の発信不足を痛感致します。

 

巻き爪の痛みでお困りの方の特徴は、

痛みが出たり消えたりするので

我慢できてしまうところではないでしょうか。

 

しかし、長年人知れず悩んでいる方は多いと思います。

 

巻き爪に「手遅れ」というものはありませんが、

絶対にやってはいけない「処置」はあります。

痛みから解放されたいがために爪の端を切り落とすことです。

これをやると途端に難しい巻き爪になっていきます。

 

巻き爪でお悩みの方が、より状態を悪くしないように

来年はもっともっと正しい対処法をお伝えできるように

いろいろと考えていきたいと思います。

 

来年2021年、たくさんの方が

巻き爪の苦しみから解放されるように

もっと努力していきますので

宜しくお願い致します。

 

本年一年間お世話になり誠にありがとうございました。

年始は1月4日から通常通り診療しております。

宜しくお願い致します。

 

皆さま、良いお年を・・・

 

 

 

 

 

ついつい深爪をしてしまう理由

2020.12.20 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

巻き爪の痛みで来院される患者さんのなかで、

たまにいらっしゃるのが「つい深爪をやっちゃって・・・」っていう方です。

 

おそらく本人に深爪をするつもりがなくても

爪を切っているうちに深爪になってしまうのでしょうね。

 

このことについては、私も経験があります。

 

その経験を踏まえて考えてみたのですが、

爪切りの刃の形に原因があるのではなかろうかと思っています。

 

このブログでも再三書いていることですが、

足の爪の理想的な形はスクウェア型です。

爪の端を切り落とさないように四角形に切ることが良いのです。

 

しかし、爪切りの刃の形状では爪が丸く切られてしまうのです。

しかも親指の爪の場合、爪切りの刃よりも大きいので

より角度を付けないと上手く切れないですよね。

すると、爪の端がどうしても切り落とされてしまいます。

 

どうして平らな刃にしないのでしょうね?

 

その点、爪用のニッパーでしたら刃が平らですので綺麗に切れます。

我が家では足の爪はニッパーで切っています。

とても細かく形を調節できますので安全です。

 

もし、足の爪を切るのに困っているならば、

爪用のニッパーで切るようにするのがお奨めです。

 

くれぐれも爪の端を切り落とさないようにお気をつけください。

 

 

 

 

巻き爪予防の歩き方

2020.12.13 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

 

巻き爪にならないようにするためには、

歩く姿勢を正しくすることも大切です。

足の親指にしっかりと体重を乗せないと爪が巻くからです。

 

女性に多い歩き方として、べた足で歩いてしまう癖があります。

これは、ヒールなど踵の高い履物を履く機会が多いためだと思います。

足の裏全体で着地して足の指で蹴り出すことなく足を前に出す歩き方です。

 

この歩き方ですと、足の指に体重が乗らないので爪が巻きます。

 

理想的な歩き方は、かかとから着地し、足裏中央、つま先へと体重移動していき

足の親指で地面を押し出すようにして前に進む歩き方です。

そのような歩き方をするだけで大きく変わります。

 

人間の足の指は、しっかりと地面をとらえてバランスよく

二足歩行できるようにするために存在しています。

ですので、足の指を意識して歩くようにするだけで歩く姿勢も変わってくると思います。

 

そうすると綺麗な姿勢で歩けるようになるでしょうから

膝や腰に余計な負担がかからなくなって

慢性腰痛や変形性膝関節症に悩まされることも無くなるかもしれません。

 

当院では、巻き爪の補正だけでなく

歩き方の指導やアドバイスもしていますので

もし、気になるようなことがあれば遠慮なくご相談ください。

 

 

 

痛い巻き爪と痛くない巻き爪

2020.12.06 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

 

同じような角度、巻き方をしている巻き爪でも

痛みがある方と無い方がいらっしゃるようです。

 

どのような違いがあるのか考えてみました。

例えばこのような症例。

痛そうですね。

爪の端が真下を向いていて皮膚に突き刺さっています。

しかも爪が薄く刃物のようです。

この状態で窮屈な靴を履いて靴から圧迫を受けたり、

長時間歩いたり立ちっぱなしが続くと

容易に皮膚を切って出血してしまいます。

 

それに比べてこちら

同じ角度ですが痛くない巻き爪です。

爪が巻いてはいますが皮膚に刺さってる感じはしません。

普段この方はスニーカーしか履かないので

親指にゆとりがあるため、皮膚が爪に食い込んでいないのです。

 

巻き爪は全て痛いというわけではなく、

日常生活で工夫をすれば、たとえ巻き爪であっても

痛みをコントロールして生活できるのではないかと思います。

 

重要なのは、爪周囲にゆとりを作るように生活することです。

そして、巻き爪になる前の予防としては親指に体重を乗せることなのですが、

巻き爪になってしまった親指には

あまり体重を乗せずに歩くように心がける方が良いかと思います。

 

そのようなアドバイスもいたしますので、

もし巻き爪でお困りの方がいらっしゃったら

ぜひご相談ください。

 

 

巻き爪補正を始めたきっかけ

2020.11.29 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式の巻き爪補正を行っています。

 

たまに患者さんから「どうして巻き爪補正をしようと思ったのですか?」と

質問を受けることがあります。

 

この答えはとても単純で

「妻が巻き爪で困っていたからです。」

 

妻は歩くのが好きな人なんですが、

妊娠中に歩く回数が極端に減ってしまい

それをきっかけとして巻き爪になってしまいました。

 

痛くなってきたので皮膚科を受診したところ、

その場でジョキンと巻いている爪の端を切り取られたのです。

もちろん出血するし、ズキズキとうずいてしばらく眠れなかったそうです。

 

それから数年後、切り取られた爪は生えてきたのですが

より程度のキツイ巻き爪になり痛くて歩きにくそうにしていたので、

巻き爪補正の技術を身に付けて補正をしてみたのです。

 

すると、すぐに綺麗な爪になり

その後はトラブルもなく過ごせているので、

この技術を患者さんにも提供していくべきだと感じ

施術所で巻き爪補正を行うようになったのです。

 

その時の写真です。施術前

同じ日の施術後

 

もし、巻き爪の痛みでお困りでしたら

ぜひご相談ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日