MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 巻き爪の記事一覧

巻き爪を放置することのリスク

2019.06.14 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

巻き爪や陥入爪の痛みでお悩みの方はたくさんいてます。

 

巻き爪や陥入爪を放置することが良くないのは、

痛いからだけではありません。

 

爪が皮膚に刺さったり、食い込んだりして

出血することが問題なのです。

指先や足先は雑菌の付着を許してしまいやすい場所です。

おまけに足先は靴下に覆われる機会が多く、菌の増殖に最適な

環境になりやすい場所でもあります。

 

ですので、指先や足先は出来るだけ傷をつけたくないところでありますが、

ただの切り傷や擦り傷なら放っておいてもすぐに傷がふさがりますので

そこから感染症を起こす可能性は低いでしょう。

 

しかし、持続的に爪が刺さり続けていて

傷口が治るのを妨げる要素が大きい場合、

雑菌は容易に皮膚下に侵入してしまい、

感染症を起こすことになります。

 

これが、爪周囲炎やひょう疽の原因になると言えます。

 

発症すると、指先が赤く腫れあがり、

ドクンドクンと拍動するような激痛を伴います。

爪と皮膚の間から白い膿が出てきます。

 

すぐに皮膚科を受診しましょう。

早期なら抗生物質の飲み薬で対応できると思いますが、

重症になると、排膿切開をする必要があるでしょう。

 

もし、無治療のまま放置すると炎症反応が周囲組織へと波及し、

骨髄炎やリンパ管炎などが発症するリスクもあります。

 

もし、巻き爪が痛くてお困りであるならば、

早めに対処しておいた方がよろしいと思います。

ぜひご相談ください。

 

 

足の爪の切り方

2019.06.07 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

正常な爪であっても爪の切り方ひとつで

簡単に巻き爪になったり、陥入爪になったりします。

お気を付け下さい。

 

特に、手の爪よりも足の爪の切り方が重要で、

上手に切らないと大変な思いをすることもあります。

 

まず基本。

深爪をしないようにしましょう。

爪の先の白い部分を切り取ってしまってはいけません。

1mm程度残して切るようにしましょう。

深爪をしてしまうと爪に押さえられていた皮膚が盛り上がり、

爪が皮膚に沈み込んでしまいます。

皮膚に沈み込んだ爪は伸びる場所が無くなるので

皮膚に食い込んで、痛みを伴います。

 

爪の切り方はスクウェア型で。

爪の両端の角は切り取らずに四角く残しましょう。

爪の両角を切り取ってしまうと、爪の強度が落ちます。

爪の強度が落ちると巻き爪になります。

その上、切り取った角度が斜めになっていると

その爪がナイフの様に皮膚に切り込んでいきますので

出血する可能性があります。

靴下に覆われた蒸れた環境にある足での出血は

ばい菌の侵入が簡単で、すぐに化膿します。

最悪の場合、ひょう疽になる可能性もあります。

 

以上を踏まえると

足の爪は頻繁に切る必要はなく

せいぜい1か月に1回程度でよろしいかと思います。

その際もできるだけ短く切り取ってやろうという考えは止めて

伸びた分だけ少し削るという気持ちで良いと思います。

実際、足の爪は1か月で1.5mmくらいしか伸びませんので

徹底的に切る必要はないです。

 

正しい爪切りを身に付けて美しい爪を保ちましょう。

 

 

すぐに割れてしまう爪

2019.05.31 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

爪が割れたり、欠けたりすることでお悩みの女性が多いです。

爪が割れる原因は様々ありますが、一番多く見受けられるのが

薄くて脆い爪をしている若い女性です。

 

爪が薄くなったり、割れやすくなっている原因は、

タンパク質不足が考えられます。

 

爪は皮膚と同じでタンパク質からできています。カルシウムではありません。

偏った食事内容や過度なダイエットなどでタンパク質が不足することで

爪が栄養不足に陥り、爪が薄く脆くなっていくのです。

 

もし、爪がすぐ割れてしまうということでお悩みであるならば、

食生活の改善をまず考えてみてください。

 

タンパク質は「動物性」と「植物性」で含まれる栄養素が違うため、

どちらもバランスよく摂るのが理想的です。

 

動物性タンパク質は肉類や魚・卵・牛乳・チーズなど、

植物性タンパク質は大豆・とうもろこし・枝豆などが代表的です。

同時に、ビタミンE(アーモンド・植物油)やビタミンB群(レバー・大豆製品)

亜鉛(カキ・ほたて)、鉄分(レバー・あさり・小松菜)が含まれている食材を

組み合わせることで、爪に含まれる成分をバランスよく摂取できます。

 

普段から食生活などに気を付けでいれば、爪にきちんと栄養が行き届きます。

食生活を整えて、見た目に美しいつやのある健康的な爪を目指しましょう。

 

 

 

グリーンネイルの原因

2019.05.17 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

マニキュアやつけ爪を外した後、爪が緑色になっていた。

という経験はありませんか?

 

これは、「グリーンネイル」という細菌感染の一種です。

 

グリーンネイルは爪の組織に緑膿菌が感染することによって

爪が緑色に変色してしまう病気です。

緑膿菌は身の回りにある常在菌のひとつであり、

普段は人に害を及ぼさない菌です。

しかし、免疫力が低下した時や爪が何らかの原因で傷ついたり

していると、グリーンネイルが起こりやすくなります。

 

一番多いのが、マニキュアやつけ爪を長くつけ続けていて、

破損や浮きによって爪とマニキュアの間に隙間ができた時。

 

その間には水が溜まり易く、細菌にとって絶好の繁殖場所になります。

 

ですので、マニキュアやつけ爪は長くつけ過ぎないようにしましょう。

そして、爪から浮いてきたら早めにリムーブ。

これがとても大切です。

 

いつまでも長持ちさせようと粘っていると、

爪が不潔になり、グリーンネイルになりやすいと言えます。

 

また、もし「グリーンネイル」になってしまったら、

すぐにつけ爪やマニキュアの使用をやめ、爪をしっかり乾燥させましょう。

爪全体に広がっているようなら自然治癒しませんので

皮膚科を受診しましょう。

 

 

これからの季節、水虫にご用心

2019.05.10 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

ゴールデンウィークが終わって、かなり気温が上がってきました。

これから梅雨に向かっていくわけですが、

ジケジケと湿気の多い季節になっていきます。

 

そうすると、靴や靴下の中で足が蒸れやすく、

水虫・爪水虫が繁殖しやすくなってきます。

 

今、疑わしい症状があれば早めに治しておいた方が良いでしょう。

特に、爪水虫は痛くも痒くもありませんので

気付きにくく、放っておきがちです。

爪が白く濁っていて光沢が無く、ボロボロと崩れてくるようでしたら

爪が水虫に感染している可能性が非常に高いので

すぐにでも皮膚科を受診することをお奨めします。

 

では、どうして急いで治す必要があるのかお話しします。

 

まず、他人にうつす可能性が高いからです。

特に家族間でタオルや足マットの共有が起こりやすく、

高確率で家族中に広げてしまいます。

 

次に、水虫菌は足や爪以外にも感染します。

股部に感染したものが「いんきんたむし」。

身体に感染したものを「たむし」と呼び、

とても痒く、境界がはっきりとした赤くて丸い斑点が出来ます。

 

糖尿病の方などはとても治りにくく、

また、掻き毟ることで細菌感染を起こし化膿することもあります。

そうなると薬の量も増えるし、治療期間も長くなります。

 

ですので、たかが水虫と軽く見ず、きちんと皮膚科で治しましょう。

 

 

 

 

爪をむしる癖

2019.04.26 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

いろいろな方の爪を見ていますと、

たまに、むしられたガタガタな爪を見ることがあります。

指先や爪をいじることが癖になり日常化されたケースが多いようですが、

精神的な症状であると解釈される場合もあります。

 

爪をむしると、見た目が悪いだけでなく

病気になる可能性もありますので、何とか癖を矯正したいものです。

 

まず、代表的なものは深爪。

指先よりも爪が短くなってしまうので爪が皮膚に食い込んでしまいます。

深爪は周りの皮膚が盛り上がることにより

伸びようとする爪を堰き止めてしまうので爪が伸びなくなります。

そのうち、爪が委縮してしまい、小さく指の中に埋まってしまいます。

 

次に皮膚炎。

爪をむしり続けることで爪周囲の皮膚全体が硬くなります。

硬くなった皮膚はささくれたり剥けたりしてくるので、

それもむしり続けます。結果、ばい菌が侵入して炎症を起こしてしまいます。

ひどくなると「ひょう疽」になる可能性もありますので注意が必要です。

 

また、爪をむしることで爪の根元部分を強く刺激するので、

デコボコの爪が生えてきます。

デコボコが気になると、さらにむしり続けるという悪循環に陥ります。

 

爪をむしる癖がなかなか止められない方には

一度、仮の爪を付けてみることを提案します。

 

綺麗に生えそろえた爪を見ると綺麗な状態を保とうとする意識が働くため

爪をむしろうとする気持ちが無くなるのではないでしょうか。

 

当院では、そのようなお悩みにも応じますので

お気軽にご相談ください。

爪にもシワがよります

2019.04.19 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

健康な爪は表面がなめらかで光沢があり、

薄いピンク色をしています。

しかし、爪にも肌と同様シワがよったり

デコボコしたりすることもあります。

 

当院で巻き爪の補正を行う際には、

爪に横線が入っていないかどうかをチェックします。

 

縦のシワの場合は加齢によるものが多いのであまり気にしませんが、

横のシワは、過去に身体か指先に何かがあったことを示しています。

それは、強いストレスであったり、高熱、手術などによる体調不良が原因で、

爪母の爪を作る働きが一時的に弱くなった証拠であるからです。

 

足の爪ですと1か月に1.5ミリメートル、手だと3ミリメートル伸びますので、

爪の根元から横線までの距離を測れば、体調不良の始まった時期を調べることが出来ます。

 

その横線の場所は爪の作成が上手くいかなかった部分ですので

とても脆弱で簡単に割れてしまいます。

 

ワイヤー式の補正方法ですと補正力が強すぎて、その横線から先が

ベロッと取れてしまうかもしれませんので要注意です。

 

当院の補正器具は特殊なプレートを使って面で持ち上げますので

爪が取れてしまう心配はありません。

しかし、慎重さは要求されますね。

 

もし、お気づきの点がありましたらぜひご相談ください。

意外と乾燥しやすい爪

2019.04.05 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

爪に縦線が入っていたり、デコボコしている。

あるいは、二枚爪になったり、欠けたりすることが多い

という方が結構いらっしゃいます。

 

おそらく爪が乾燥していることが原因であると思います。

 

爪が乾燥する原因は4つ程あります。

①手洗いや家事によるもの

洗剤を使って水仕事をしていると皮膚の油分が無くなるのと

同じように爪の油分も無くなり易いので爪が乾燥する原因になります。

②ダイエットによる栄養不足

爪はタンパク質によって作られている為、

偏った食生活をしていると栄養不足の為爪が脆くなります。

③ネイル

ネイルをリムーブする際の除光液に「アセトン」という成分が入っている場合、

この成分が爪を乾燥させるので頻繁なネイル交換は爪を傷めてしまいます。

④空気の乾燥や紫外線

肌だけでなく爪も紫外線や空気の乾燥の影響を受けます。

 

爪は皮膚の一部です。

肌に水分量が少なく乾燥していると、必然的に爪も乾燥しやすくなります。

ですので、肌を保湿するのと同じくらい爪の保湿も意識していきましょう。

 

手の爪でしたらハンドクリームを爪にも塗ってあげるのも良いと思います。

また、ワセリンをお風呂上りに指や爪に塗りこむのもお奨めです。

 

食生活では、肉や魚、大豆製品や乳製品などタンパク質を含んだ食品を

積極的に摂るように心がけてください。

同時にビタミンB群も摂取するとタンパク質が吸収されやすく効果的です。

 

肌同様爪の乾燥も意識して予防し、美しい爪を維持していきましょう。

 

 

浮き指は巻き爪の原因になります

2019.03.29 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

浮き指という状態をご存知でしょうか?

 

足の指が浮いていて地面に接していない、あるいは

指を浮かせて指の付け根部分で歩いている状態をいいます。

 

現代の環境は昔のように裸足で歩くことが少なくなっている為、

足の指をうまく使うことが出来なくなっており、

足の指を動かす筋力が低下しています。

それゆえ、靴が脱げないように無意識のうちに指を靴の内側や上側に

引っ掛けるようにして歩く癖がついてしまうことがあるようです。

 

それが身に付いてしまって、

常に指が地面に接していない歩き方になっています。

 

指が地面に接していないと巻き爪になります。

 

爪は本来巻く性質を持っています。

 

しかし、指が地面に接することによって

地面からの圧力が爪の裏側に加わり爪が広げられるのです。

 

浮き指で地面からの圧力が爪に加わらないと

爪の巻く性質によってどんどん巻き爪が進行してしまいます。

 

浮き指は自覚症状が無いので

一度チェックしてみて、もし該当するなら矯正していくべきかと思います。

 

1、足指の背にタコができている。

2、足裏の指の付け根部分の皮膚がとても固く分厚くなっている。

 

このような足の方は要注意です。

 

足指のストレッチや筋力トレーニングを実施して浮き指を改善していきましょう。

 

では、ストレッチから

1、足指を広げて、手の指をその間に挟むように入れます。

2、手の指を握りこむようにすると、足の指も丸まります。

このストレッチを痛みの無い範囲で10回ほどするとよいです。

 

次に筋力トレーニング

1、タオルギャザー

床にタオルを敷いて、足の指でタオルを手繰り寄せる。

2、足の指でグーチョキパー

これも1日10回を目安に行ってください。

 

 

 

 

爪にカビが生えた

2019.03.22 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

「爪にカビが生えた。」とビックリされて

来院される患者さんがいらっしゃいます。

 

実際に爪が黒ずんだ緑色に変色しています。

 

これは、「グリーンネイル」という症状です。

この緑色の正体は「緑膿菌」というバクテリアによるもので、

カビではありません。

 

自然界に広く存在している細菌で、毒性は強くありません。

水分の豊富な場所を好みますので普通に生活していて

感染することはまずありません。

 

可能性が高いのは、

ジェルネイルやスカルプを長く付けすぎていて

自分の爪から浮いてきた時に、それを放っておいた場合

その隙間が長く蒸れた状態になる為、緑膿菌が繁殖してしまうのです。

 

もし、爪が緑色に変色していたら

すぐにジェルネイルやスカルプは取り外しましょう。

で、2~3週間は爪を休ませてください。

 

爪表面だけが緑色になっている場合はファイルで削るだけでも

対処できますが、爪の内側も緑色になっていたら、

その他の感染も考えられますので、

皮膚科を受診することをお奨めします。

 

緑膿菌単体の場合は他人に感染することはありませんが、

爪白癬(爪水虫)に同時感染していたりすると

他の指にうつったり、他人に感染させたりしますので

酷く変色している場合は迷わず皮膚科を受診してください。

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日