MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 健康の記事一覧

熱中症

2019.06.17 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

気温が安定せず体調を崩している方も多いこのごろですが

もう6月も後半になってそろそろ夏がきます。

 

なので今回は夏に多い「熱中症」についてやっていきます!

 

 

熱中症にも重症度があり1度、2度、3度と3段階に分かれ

1度が軽度、3度が重度となり真ん中の2度は中等度となります。

 

1度はたちくらみや筋肉の硬直(こむら返り)を起こします。

この時、意識や体温は正常です。

 

2度は頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、倦怠感(だるい感じ)、集中力の低下

などの症状が重なり合って起こります。

意識はありますが、体温が上がり、皮膚が冷たくなります。

 

3度は意識障害、けいれん、手足が動かしにくい、おかしな言動や行動

などの症状が2度の症状と重なって起こります。

もちろん意識はもうろうとしていますし、体温もかなり上がります。

 

 

1度や2度は水分の摂取や休息で楽になることもありますが

3度に至ると自分で水分を取れなかったり

汗で体温を下げられないので一刻も早く

脇や首筋など大きな血管がある所を冷やし必要に応じて救急車を呼びましょう。

 

熱中症はとても怖い病気です。対応を誤ると人の命に関わりますので

これからの季節、少しでも喉が乾いたら飲み物を飲みましょう。

 

 

次回は熱中症対策についてさらに詳しくお話します!

シンスプリント

2019.05.20 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

前回までは歩く走るについてやってきました。

今回は走りすぎるとどうなってしまうのかということをお話します。

 

 

「シンスプリント」

日本語では「脛骨過労性骨膜炎」(けいこつかろうせいこつまくえん)

と呼ばれます。

 

脛骨とはふくらはぎの内側にあり

急に練習量が増えたり、無理なランニングやジャンプ動作を

繰り返すことで炎症を起こします。

 

何故そのようなことが起こるのか…….

無理な運動を繰り返し、適切なケアを行わないと

足首まわりの筋肉が緊張し脛骨の骨膜を引っ張ってしまうことが原因です。

 

他にも靴の内側がすり減りやすい人は要注意です。

足首が外側に捻れて原因となる筋肉が引っ張られるため

より脛骨に負荷がかかります。

 

一度このケガを起こすとなかなか治らないので未然に防ぐことが大事です。

 

靴がすり減っているなら新しいものにして

歩く際の体重のかけ方を矯正することが必要です。

 

 

そして固く緊張している筋肉をほぐしたいのですが

自分でやるとより一層痛くなる危険がありますので我々鍼灸師におまかせを!

 

シンスプリントには鍼がよく効きますので

ぜひあさかわ鍼灸整骨院に起こしください^^*

 

 

歩く時の体重のかけ方など色々アドバイスします!

ランニング

2019.05.13 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回はランニングについてお話します。

 

 

ランニングはウォーキングやジョギングに比べると

体への負荷がかなり大きくなります。

 

そのため、日々の運動に取り入れるためには

少しずつ慣らしていかなくてはいけません。

 

例えばジョギング中、「1分間走る」、「A地点からB地点まで走る」などです。

 

もし、「考えるのが面倒だ!走りたい!」という場合、最初のうちは

ハイペースになったり長い距離を走ったり坂道を走るなどは避けましょう。

 

慣れてきたら少しずつ速さと距離を上げて行くと良いです。

 

 

歩く、走るの中では1番消費カロリーが多く痩せやすいですが

負荷も大きく精神的にも辛くなりやすいので無理は禁物です。

 

どんな運動にも自分に合った量で行うことが大事ですよ!

 

 

僕も少しずつですがランニングしてますので

皆さんも一緒にがんばりましょう!

ジョギング

2019.04.22 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は「走る」の中のジョギングについてお話します。

 

 

ジョギングはゆっくりとした速度で走ることです。

ゆっくりとは喋りながらでも無理なく走れるくらいです。

 

時速で表すと時速6.4km以上はランニング扱いになるので

それ以下の速さで行うとジョギングになります。

 

ジョギングはウォーキングに比べて1.5倍くらいのカロリーを消費します。

ダイエットにも向いていると言えるでしょう。

 

しかし、体重が多い方がいきなりジョギングを始めると

膝や足首などを痛める可能性があるので注意が必要です。

 

ジョギングは健康増進の他にも準備運動としての役割もあります。

スポーツをする前に行うとケガ防止に繋がります。

10分ほどでもいいですよ!

 

 

ただ、歩く走るだけでもさまざまなやり方と効果があります。

 

外に出て運動することで骨粗しょう症防止にもなりますのでがんばりましょう!

ウォーキング(歩く)

2019.04.15 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回はウォーキングについてお話します。

 

 

ウォーキングとは日本語にすると「歩く」です。

そのままですね(´^∀^`)

 

茨木市では6000〜7000歩ほど歩くと健康に良いと言われています。

 

しかし、ただ歩けばいいというわけではありません。

正しいフォーム(姿勢)で歩くことが大切です。

 

正しい姿勢とは

ここでは姿勢のゴールデンラインというものを説明させていただきます。

全身を横から見て「耳」、「肩の頂点」、「外くるぶし」

これら3つを直線で繋ぎ地面に対して垂直になるように立ちます。

 

この時おへその下指3本分くらいの所に力を入れましょう。

お腹を少しへこませるイメージです。

 

この姿勢を保ったまま歩くのはとても難しいです。

しかしこれを保ちウォーキングを行うことでとてもよい運動効果が得られます。

 

 

6000〜7000歩、歩こうと思うと40分くらいかかり

初めのうちは40分間この姿勢でいるのは辛いので

無理のない時間と距離を歩くようにしましょう。

歩く走るとは

2019.04.08 | Category: スポーツ,健康

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は一番身近な運動である歩く、走るについてお話します。

 

 

歩く、走るをカタカナに言い直すと

ウォーキング、ランニングそしてジョギングと呼ばれます。

 

ウォーキングは歩く、ランニングとジョギングは走るに分類されます。

 

歩く、走るの違いは両足とも地面から浮いている瞬間があるかないかです。

一瞬でも両足が地面から離れる瞬間があれば走るになります。

 

走るの中でもランニングとジョギングには大きな違いがあります。

それについてはまた後日…….

 

 

身近な運動なだけにどんな効果があるのかや

正しい歩き方や走り方を意外と知らない人が多いです。

 

これからそれらについてしっかり伝えていきますのでよろしくお願いします!

 

正しく楽しく運動できるように頑張りましょう^^*

漢方医学は実は

2018.04.11 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日も漢方について書いて行きたいと

思います(^o^)/

漢方医学は実は日本が作った物なんです!

漢方という名前は、それぞれ「漢」が中国

「方」が治療法をさしています( ̄▽ ̄)

つまり、漢方とは “中国伝来の医学”という意味で

その言葉の通り、中国から伝えられた医学をベースに

日本人の体質や風土に合わせて独自で発展

進化をしたものが漢方です!!

そのため、中国に漢方というものは存在しないんですΣ(・□・;)

漢方は、中国医学を基礎にして

日本で独自に発展・進化した

日本が作った医学なんですよ(^o^)

色々な顔をもつ漢方薬

2018.04.04 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回も引き続き漢方について

書いていきたいと思います(^o^)/

漢方の特徴をひと言で表すとしたら

バリエーションと言う言葉が合うと思います( ̄▽ ̄)

なぜなら漢方はいろいろな意味で

多様・多彩であるからです!!

① 漢方薬はさまざまな生薬を複合的に組み合わせた薬

② 一剤でいろいろな症状を解消したり、和らげたりする

③ 病態やその人の体質に合わせて

さまざまな漢方薬が用いられる

④ 飲んですぐに効くタイプの漢方薬と

飲み続けることで効いていくタイプの漢方薬がある

⑤ 同じ病気でも、発症してからの経過日数

症状によって用いられる漢方薬が異なる

☆速効性のある漢方薬

インフルエンザ以外にも速効性を期待して

漢方薬が使われることがあります!!

いわゆる「こむら返り」と呼ばれる足がつった状態では

「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」

という漢方薬が有効です!

胃もたれや胃痛、腹部膨満感など胃腸に問題があるときは

「六君子湯(りっくんしとう)」や

「大建中湯(だいけんちゅうとう)」

「安中散(あんちゅうさん)」

などを用いると、スーッと症状が和らぐ場合があります(^o^)/

漢方薬も色々あるので症状が治らない

時などは試して見てはどうでしょうか!

漢方が西洋医学と違うところ

2018.03.28 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日は漢方が西洋医学と違うとこを

紹介していきたいと思います(^o^)/

西洋薬はたいてい一つの有効成分で作られていて

血圧を下げたり、細菌を殺したり

熱や痛みを取ったりするなど

一つの症状や病気に対して、強い効果があります( ̄▽ ̄)

また西洋薬のベースとなる西洋医学では

患者の訴えのほかに検査を重視していて

その検査結果から病気の可能性を探ったり

治療法を考えていったりします!!

検査結果や数値などにしっかり表れるよう

病気を得意としていると言えると思います(^o^)

一方で漢方薬は1剤に複数の有効成分が含まれているため

多様な症状に効くのが大きな特徴です!!

また漢方薬のベースとなる漢方医学は

患者の病状(訴え)や体質を重視し

その結果から処方します!

そのため、体質に由来する症状

(機能性の月経痛や冷え症、虚弱体質など)

検査に表れない不調

(更年期障害の症状)

などの治療を得意としています!!

症状だけでなく、1剤で複数の病気が改善されることがある

のも漢方薬の大きな特徴ですよ!!

☆漢方が得意とする症状、悩み

・虚弱体質

・腰痛や忘れっぽいなどの加齢現象

・胃もたれや食欲不振、便秘などの胃腸の病気

・イライラ、不眠、うつなどの精神症状

・生理痛や不妊、更年期障害症状などの女性の悩み

・アレルギー疾患

・慢性の病気、冷え症

この様な症状には是非漢方を試してみてください(^o^)/

漢方医学と西洋医学の特徴

2018.03.14 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回は漢方医学と西洋医学の特徴について

書いて行きたいと思います(^o^)/

漢方医学の主な特徴

① 自然科学的で伝統的医学

先人の治療経験の集積です。

② 心とカラダを一体としてみる

体全体の調和を図る“全人的医療”

③ 個人の体質・特徴を重視し、症状をみる

原因が特定できないものや、“未病”の状態でも治療できること。

④ 天然物がベースとなった生薬を混合した「漢方薬」を使う

1つの薬に複数の成分が含まれているため

複数の症状にも効果が期待できます。

西洋医学の主な特徴

① 実証的かつ科学的

客観的で分析されたもの

② 器官・臓器中心に物質面を重視

病気に対してピンポイントに治療する。

③ 客観的・分析的で、その結果病名を決定
画一された治療法を用いる事ができます。

④ 一般に、精製されたほぼ純粋な薬物を用いた「西洋薬」を使う

ひとつの病気に対して、同系統の位置や薬の投与がされます。

このように漢方医学と西洋医学では全然違う特徴があります!

みなさんも知っていて損はないと思います(^o^)/

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日