MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 肘のケガ②

肘のケガ②

2018.04.23 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は肘の外側に付く筋肉についてお話します!

 

 

外側上顆炎に関連するので、だいたいの筋肉が外側上顆に付きます。

そして、手首を手の甲に向かって動かす力を持っています。

 

「橈側(外側)手根伸筋」(とうそくしゅこんしんきん)

肘にある外側上顆から手にある中手骨(手のひらの骨)に付着します。

長と短があり、長は人差し指の中手骨に短は中指の中手骨に付いています。

手首を親指側に動かす筋肉です。

 

「尺側(内側)手根伸筋」(しゃくそくしゅこんしんきん)

外側上顆から小指の中手骨に付いています。

手首を小指側に動かす筋肉です。

 

「小指伸筋」(しょうししんきん)

外側上顆から小指の真ん中くらいに付いている筋肉です。

小指を反らせる力を持っています。

 

他にもいくつかあるのですが、紹介はこれくらいにします。

 

外側上顆炎はこれらの筋肉が固くなり

外側上顆に伸長ストレスを与えることで炎症を起こします。

 

動かす指によってどの筋肉が1番疲労しているのかを

確かめることでより効果的に治療することができます。

 

人差し指なら長橈側手根伸筋、中指なら短橈側手根伸筋

小指なら小指伸筋です。

 

これらを確かめることで自分はどの筋肉を痛めているのか把握できます!

セルフケアをしたい方は是非検査してみてください!

 

 

説明ばかりで文字が多くなってしまいました^^;

 

次回は内側上顆炎についてお話します!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日