MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 足の爪切りは「スクウェア型」

足の爪切りは「スクウェア型」

2018.04.13 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

女性に多い足の爪の切り方に

爪の両端を斜めに切ってしまうことがあります。

指そのものの形が丸くなっているので

それに合わせて切ってしまうと

両端を切り込んでしまいますよね。

 

手の爪ならばその方がスラッと長く美しく

見えるので良いと思いますが、

足の爪でそれをやってはダメです。

 

なぜなら、足は靴下や靴に圧迫されて

常に周りから押し込まれているからです。

そして、体重が乗るので地面からも

圧力がかかります。

 

そのような状況下では、爪が無いと

逆に皮膚が大きく盛り上がってきて

本来爪があった場所を占拠してしまいます。

 

爪は毎日伸びてくるので盛り上がった皮膚に衝突。

皮膚の方が軟らかいので、

徐々に爪が皮膚にめり込んでいく。

皮膚が傷ついて痛い。

痛みから逃れたいのでまた短く爪を切る。

という悪循環に陥ってしまいます。

 

結果、巻き爪や陥入爪になってしまいます。

 

ですので、足の爪は四角く「スクウェア型」に

切るようにしましょう。

角の尖った部分はヤスリで少しだけ丸く削れば

引っかかることはないと思います。

 

もし、わからないことがあれば

遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日