MENU TEL

Blog記事一覧 > 健康 > 色々な顔をもつ漢方薬

色々な顔をもつ漢方薬

2018.04.04 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今回も引き続き漢方について

書いていきたいと思います(^o^)/

漢方の特徴をひと言で表すとしたら

バリエーションと言う言葉が合うと思います( ̄▽ ̄)

なぜなら漢方はいろいろな意味で

多様・多彩であるからです!!

① 漢方薬はさまざまな生薬を複合的に組み合わせた薬

② 一剤でいろいろな症状を解消したり、和らげたりする

③ 病態やその人の体質に合わせて

さまざまな漢方薬が用いられる

④ 飲んですぐに効くタイプの漢方薬と

飲み続けることで効いていくタイプの漢方薬がある

⑤ 同じ病気でも、発症してからの経過日数

症状によって用いられる漢方薬が異なる

☆速効性のある漢方薬

インフルエンザ以外にも速効性を期待して

漢方薬が使われることがあります!!

いわゆる「こむら返り」と呼ばれる足がつった状態では

「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」

という漢方薬が有効です!

胃もたれや胃痛、腹部膨満感など胃腸に問題があるときは

「六君子湯(りっくんしとう)」や

「大建中湯(だいけんちゅうとう)」

「安中散(あんちゅうさん)」

などを用いると、スーッと症状が和らぐ場合があります(^o^)/

漢方薬も色々あるので症状が治らない

時などは試して見てはどうでしょうか!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日