MENU TEL

Blog記事一覧 > 健康 > 「足がつる」と「こむら返り」の違い

「足がつる」と「こむら返り」の違い

2017.12.27 | Category: 健康

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!

今日も引き続き足がつる事について

書いていきたいと思います(^o^)

☆「足がつる」と「こむら返り」の違いとは

一般的には、「足がつる」と

「こむら返り」は同じ意味で使われています!!

厳密に言うと、「こむら返り」の「こむら」は

ふくらはぎのことですので、ふくらはぎのつりに限定されますが

現在では、足のつりを総称して

「こむら返り」が使われるのが一般的となっています(^o^)/

このこむら返りは、医学での正式名称を

「有痛性強直性筋けいれん」

もしくは「腓腹筋(ひふくきん)けいれん」と言います( ̄▽ ̄)

この言葉からもお分かりのように、実は、足がつる

というのは、筋肉の痙攣の一種なんです!!

言葉としては、なんだか全く違うもののようですが

要は筋肉がピクピクする症状のことなんです(ーー;)

なので足がつるのとこむら返りはそこまで違いはありません(^o^)/

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日