MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 外反母趾による巻き爪

外反母趾による巻き爪

2017.10.27 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、特殊なプレートを

使って巻き爪の補正を行っています。

 

特に女性に多いのですが、外反母趾が原因となって

親指が巻き爪になっている方もいらっしゃいます。

 

外反母趾は、足の親指の先が第2趾のほうに「くの字」に曲がり、

親指の付け根の関節が内側に飛び出している状態です。

そのような状態の親指はおそらく、

靴の中で第2趾側へねじられていると思われます。

 

長期的にそのようなねじられた状態が続くと

爪を作る「爪母」(そうぼ)も一緒にねじられてしまいます。

その結果、爪母が内側に丸く曲がってきて

巻いた爪が根元から生えてくるようになるのです。

 

そのような状態の方は、足の親指の側面に大きなタコが

あるのも特徴の一つです。

 

巻き爪を補正してまっすぐにするのは簡単ですが、

外反母趾が強いと巻き爪が再発する可能性があります。

ですので、外反母趾を防ぐトレーニングも必要です。

 

当院は、巻き爪の補正とともに、外反母趾予防の

指導もしておりますのでお悩みの方はご相談ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日