MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 水虫に気を付けて

水虫に気を付けて

2017.10.20 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

巻き爪でお困りの患者さんをたくさん見ていますと、

爪水虫になっている方を結構見かけます。

爪が白濁していて、分厚くもろいです。

少し触るだけでボロボロと爪が崩れてきます。

 

爪白癬(つめはくせん)という感染症なのですが、

通常は足白癬(いわゆる水虫)に合併して発生しますので、

水虫を適切に治療すれば、爪白癬にまで進行することはないそうです。

 

水虫は白癬菌という菌の感染症ですので、他人からうつります。

 

しかし、皮膚に白癬菌が付着、侵入して感染が成立するまでには

おおよそ12時間は必要とされています。

ですので、毎日足をきちんと洗っていれば、

感染する危険性は非常に低くなると思われます。

 

長時間靴や靴下を履くことによって、白癬菌が増殖しやすい環境を

作り出してしまうことが水虫の大きな原因となるのです。

 

水虫にならないように普段から

清潔にしておくことも大切ですが、

かゆみや水ぶくれなど、水虫を疑うような症状があれば

迷わず皮膚科を受診しましょう。

 

バスタオルやバスマットなどを共有することの多い

家族間の感染が非常に高率ですので

家庭内に菌を散らさない為にも早めの受診が必要です。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日