MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪に必要な栄養素

爪に必要な栄養素

2017.08.25 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

たまに患者さんから「爪を強くするためには

カルシウムが必要ですよね。」と

相談を受けることがあります。

 

大きく間違ってはいませんが、必要な栄養素としては

少し違います。

 

そもそも爪は皮膚の一部が硬くなってできたものです。

皮膚と同じタンパク質が主成分なので、爪を強くするには

肉類や魚類、卵、大豆製品、乳製品などを摂ることが大切です。

また、動物性タンパクと植物性タンパク、均等に食べるのが理想的です。

 

それでは、綺麗で丈夫な爪を作る為に、摂取すると良い

その他の栄養素を挙げてみます。

 

ビタミンA

ビタミンAは爪の主成分であるケラチンを

作るのに欠かせない栄養素です。

不足すると、爪が乾燥して割れやすく、

変形を引き起こすこともあります。

ビタミンAが豊富な食べ物はレバーです。

後、βカロテンという形でニンジンやほうれん草などの

緑黄色野菜にも含まれています。

 

ビタミンB2

爪の細胞を再生させるために使われる大事な栄養素。

不足すると、丈夫な爪が作れなくなってしまいます。

ビタミンB2が豊富な食べ物は、レバー、うなぎ、卵、大豆製品などです。

 

ビタミンE

ツヤや潤いのある爪を作る栄養素です。

不足すると、弾力が無くなってちょっとした衝撃でも

割れやすくなってしまいます。

ビタミンEが豊富な食べ物は、アーモンド、かぼちゃ、植物油などです。

 

最後に鉄

鉄分が不足すると、爪が白くなったり、

薄くなったり、反り返ってしまうこともあります。

鉄分を多く含む食べ物は、レバー、ひじき、あさり、大豆製品、小松菜などです。

 

これらを偏ることなくバランスよく摂るように心がけると、

3ヵ月から6か月くらいで綺麗で丈夫な爪に

変化していくと思います。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日