MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 足の親指以外の巻き爪

足の親指以外の巻き爪

2017.08.18 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、特殊なプレートを

使って巻き爪の補正を行っています。

 

最近、親指以外の指の巻き爪でお困りの方が増えています。

 

意外に多いのが中指や薬指の巻き爪です。

正確には足の指は中指・薬指ではなく

第3趾・第4趾と言うのですが、

便宜上、このように表記します。

 

見てみますと、爪だけでなく指全体が縦長に細くなっています。

両隣の指に圧迫されているのですね。

そして、強度の差はありますが外反母趾・内反小趾になっています。

この様な巻き爪の場合、爪の工場である爪母(そうぼ)も

丸くなっていますので、当院の技術以外での補正は

難しいのではないでしょうか。

 

原因はやはり、先の細い靴を履いているからです。

 

先の細い靴を履くために、5本の指が中心に寄せられて

中指と薬指が両側から圧迫され、細くなってしまっているのです。

 

確かに、パンプスのような先が細くなった靴の方が

美しく見えますし、デザインで靴を選びたいという

女性の気持ちは大いにわかります。

しかし、足や爪のことを第一に考えるのであれば、

つま先を圧迫しない靴の方が良いのです。

 

あるいは、たまに先の細い靴を履くとしても

長時間にならないようにするとか、

自宅では、必ず裸足になって足の指でグーパーの

トレーニングを毎日行うようにすると

足の指のあるいは爪の変形を予防できると思います。

 

心当たりのある方はぜひ、試してみてください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日