MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪に入った線

爪に入った線

2017.08.04 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

爪は健康のバロメーターと言われていますが、

色や形などによって今あるいは過去の健康状態を

教えてくれます。

 

よく見られるのが、縦や横に線が入った爪です。

 

まず、爪に縦線が入る大きな原因は加齢です。

シワと同じだと考えられます。

若い方なら、栄養不足や乾燥が原因かもしれません。

 

次に、横に線が入った場合、

ストレスによる体調不良や薬剤の影響。

爪の外傷などが考えられます。

また、溝が深い場合は内臓疾患や糖尿病。

湿疹や円形脱毛症などの皮膚疾患も疑えます。

 

爪は1カ月で3ミリ程伸びますので、

爪に横線が入っている場合、爪の根元から距離を測って

過去の症状を確認することが可能です。

 

また、横線が出る指によって、身体のどの部分に異常が

出ているのかを見分けることもできます。

親指:過労や精神的ストレス

人差し指:湿疹や皮膚炎などの慢性的な皮膚疾患

中指:排泄系の不調

薬指:気管支系のトラブルや眼の不調

小指:神経痛などの神経系のトラブル

 

あくまでもバロメーターですので、

身体の症状を優先的に考えるべきですが、

爪に何らかのサインが現れた場合、

生活習慣を改める等の意識を普段から持つべきだと思います。

 

もし、何か気になるようなことがあればご相談ください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日