MENU TEL

Blog記事一覧 > 睡眠 > 睡眠時に足がつった時の対処法

睡眠時に足がつった時の対処法

2017.07.26 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日も足の痙攣(こむら返り)について

書いて行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆睡眠時に足がつった時の対処法

・全身の力を抜く

足がつる症状は、筋肉の痙攣、つまり筋肉の緊張が続いている状態です。

そこで、足がつった時の対処法として

とにかく足の筋肉をリラックスさせ

全身の力を抜くことが良いです!

足を動かそうにもなかなか動けませんし

無理に動かして、違う部分の筋などを痛めてしまっては

どうしようもないので無理をせずになるべくダラダラとしておきましょう。

横になったり、椅子に座ったり出来るなら良いですが

もし、立ったままの状態であれば

片足ずつ上げてブラブラさせてみたりして

体重をかけずに出来る方法で行いましょう!

足がつる症状は、一般的には長くは続きませんし

病気でない限り、頻繁には起こりません(ーー;)

ゆっくりとした気持ちで治まるのを待ちましょう!!(o^^o)

・痛くない角度を探す

足がつったら、もうどうしようもない気分になりますよね(ーー;)

まずは、足を少しずつ動かして、足が痛くない角度を見つけてみてください。

足がつった状態を早く回復させる効果と

無理に動かして筋を痛めるなどの二次的な怪我などを防ぐことができます。

少しずつ動かしてみて、楽な角度を見つけることができたら

後は、リラックスして、筋肉に力を入れずに、暫く待っています!

すると、足がつった状態はそれほど長くは

続かないのでまたすぐ動かせるようになります。

何度も足がつるようなら、内蔵の病気の可能性もあります!!

早期に発見、治療は基本の「き」です。

出来るだけ早く医療機関での受診を行うようにしましょう(o^^o)

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日