MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > グリーンネイル

グリーンネイル

2017.07.07 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

いよいよ蝉も鳴きだして

夏がやってきました。

女性は、これからスカルプやジェルネイル等

爪のおしゃれを意識しだすのではないでしょうか。

 

しかし、グリーンネイルにご注意ください。

 

実際に、ネイルをしている方の約6割が

グリーンネイルの予備軍とされ注意が必要だそうです。

 

では、グリーンネイルとは。

 

爪に緑膿菌という菌が感染して爪が緑色に変色してしまうことです。

 

この菌は狭く、湿気のある場所で増えやすく、ジェルネイルと爪の

隙間などに入り込むと繁殖しやすくなるそうです。

 

原因として

しっかりと消毒をせずにジェルネイルを付けてしまうとか、

ジェルネイルが爪から浮いた状態で放置すると

菌が隙間に侵入し、体温で温められて繁殖し、

グリーンネイルになってしまいます。

 

グリーンネイルを放置すると爪甲剥離をおこして

爪が剥がれたり、ボロボロになったりしますので

爪が緑色に変色してきたら、ジェルやマニキュアを

一旦中止し、皮膚科を受診しましょう。

 

予防策として

セルフでジェルをする場合は消毒・下準備をしっかりとする。

ジェル・スカルプの交換時期はきっちり守る。

爪を清潔に保ち、水仕事、入浴後は爪の水分を

しっかりとふき取り、乾燥させましょう。

 

グリーンネイルは嫌なものですが、他人や他の指にうつったりしませんし、

早めの対処をすればそれほど怖いものではありません。

 

適切な予防をすれば問題ありませんので

湿気の多くなるこれからの季節は特にご注意ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日