MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 長すぎる爪の問題点

長すぎる爪の問題点

2017.06.10 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、特殊なプレートを使って

巻き爪の補正を行っています。

 

巻き爪でお困りの方が、病院を受診されますと

「爪を切らないで、伸ばしてください。」とよく言われます。

 

確かにその通りです。

当院でもそのようにアドバイスします。

 

しかし、どこまで伸ばしたらよいのか・・・

これもまたお悩みの一つになると思います。

 

深爪はかなりまずいのですが、

長すぎる爪もいろいろと問題があります。

 

まず、爪は伸びれば伸びるほど巻いてきます。

皮膚から離れた爪の先は水分や栄養が

供給されていない為、乾燥して硬くなります。

爪は乾燥すると巻いてきますので、

爪を伸ばしすぎると巻きが進行しやすいのです。

 

つぎに、伸ばしすぎた爪は靴の中で押されたり、

圧迫されたりして割れることが多いです。

また、割れなくても長時間爪が圧迫を受けることによって

爪の成長に悪影響を与え、

分厚い爪(肥厚爪)になることもあります。

 

ですので、爪の伸ばしすぎには

気を付けなければいけません。

 

そこで、当院がお奨めする適切な長さは

指の先端より1ミリ程後退したところ

とご案内しています。

 

ちょっとわかりにくい方は

真上から見て爪の先からチラッと指先の皮膚が見える程度

と思っていただければよろしいです。

 

爪の長さや形を整えるのはなかなか

自分では判断しづらいものです。

もし、わからないようでしたら遠慮なくご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日