MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪補正中は、定期的なメンテナンスを

巻き爪補正中は、定期的なメンテナンスを

2017.03.24 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

当院では、ペディグラステクノロジーという技術を使って

皮膚に食い込んで痛い巻き爪をまっすぐに補正し、

巻き爪の痛みを取っています。

 

現在存在するいろいろな巻き爪補正技術の中で、

当院の行うこのペディグラステクノロジーは、

ずば抜けて仕上がりが綺麗です。

 

特殊な器具を爪に貼りつけてジェルで固定するのですが、

透明度が高いため、施術完了時点では

どこに補正器具が付いているのか

全くわからなくなります。

 

ですので、しばしばメンテナンスを忘れてしまう方も

たまにいらっしゃいます。

 

しかし、爪は日々伸びていますので

いずれ爪の成長とジェルとの間でズレが生じます。

 

そして、必ずジェルが浮いてきます。

これは当院の施術に限らず、どの補正技術でも同じです。

 

ジェルが浮いてしまうこと自体に問題はないのですが、

足を不衛生な状態で長く過ごしてしまうと、

爪とジェルとの隙間に菌が入り込んで繁殖してしまう

可能性があります。

よくあるのが緑膿菌の感染によるグリーンネイルとよばれる

感染症です。その名の通り爪が緑色に変色してしまう病気です。

 

爪が感染症を起こしてしまうと、

その治療を優先しなければいけないので

巻き爪補正を一度ストップしなければなりません。

折角の補正が台無しになってしまいますね。

 

ペディグラステクノロジーだけでなく

今現在、何らかの巻き爪補正を継続中の方は、

必ず定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

足を清潔にするというのも大切ですね。

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日