MENU TEL

Blog記事一覧 > 睡眠 > 熟睡する方法⑥

熟睡する方法⑥

2017.03.01 | Category: 睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回も引き続き熟睡する方法について

書いていきたいと思います!!

☆快適な室温と湿度を保つ

睡眠時の室温は26度~27度

湿度は60%前後がもっとも快適と言われています。

ホテルだとぐっすり眠れることが多いのは

空調が整っていることも理由のひとつなんですよ(^o^)

冷暖房代がもったいないと思うかも知れません。

たしかに真夏や真冬はびっくりする金額になることもあります( ̄▽ ̄)

それでも、飲み会や娯楽にお金を使うよりか有意義だと思いますし

僕的には食費を少し節約したりして快適な

睡眠環境を作るほうが良いと思っています!

そもそもほとんどの人にとって、自宅にいる時間のうち

寝ている時間が一番多いはずです( ^ω^ )

そう考えれば、睡眠環境を中心に部屋を決めたり間取りを

決めたりすることもけっして大げさではないと思いますよ!!

☆枕は高さから選ぶ

睡眠の質を上げるアイテムとして

真っ先に思い浮かぶのは『枕』かもしれません。

やはり大事なのは素材や機能よりも重要なのは『高さ』だと思います。

枕が高すぎると、肩が浮き上がってしまい

首に体の重みがかかってしまうので首と肩が凝ります。

また脚のほうを向いてしまい、器官が狭くなるので

呼吸が窮屈になって疲れがとれません(ーー;)

肩が浮き上がらないこと

顔がまっすぐ天井を見る状態になることが大切です!

枕のサイズは服のサイズのようなもので

どんな高級な枕でも自分のサイズに合っていないと意味がありません( ̄▽ ̄)

体の大きさ、頭の形、筋肉の付き方など

体型は千差万別ですし、枕の硬さや材質によって適切な高さは異なります。

寝具屋さんの中には枕アドバイザーのいるお店もあるので

一度自分に合った枕を選んでもらうと参考になると思いますよ!!

もっと手軽な方法としては、タオルを重ねて枕にしてみる方法です。

重ねる枚数で簡単に高さが調節できますし

フワフワ感がない分、純粋に自分にあった高さが判断できます!

枚数を変えながら調度よい高さを探してみましょう(o^^o)

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日