MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類,睡眠 > 熟睡する方法③

熟睡する方法③

2017.02.08 | Category: 未分類,睡眠

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日はまたまた熟睡する方法の続きを

書いていきたいと思います(^o^)

☆すっきり起きるタイミング

睡眠を90分単位にすると良いと言われます。

その理由はおよそ90分感覚でレム睡眠が現れるからです。

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していますが

「ノンレム睡眠中」は脳が完全に休んでいるので

ノンレム睡眠中に無理やり起こされると頭がぼーっとした

いわゆる寝ぼけた状態になります。

寝ぼけた状態で起きると、日中の活動レベルも下がると言われているので

うまくレム睡眠中を狙って起きることが大切なんですよ!!

レム睡眠とは「Rapid Eye Movement」という睡眠中に眼球が動き回る現象です。

このレム睡眠の間に、私たちの脳は記憶の整理を行うと言われます( ̄▽ ̄)

夢を見るのはレム睡眠中です。ノンレム睡眠中には夢も見ません!

朝起きて夢を覚えていたら、レム睡眠中に起きた可能性が高く

グッドタイミングだったと思われます(^o^)

※夢を覚えていない人ももちろんいます。

個人差や体調差があるので、夢を見ないからといって

起きるタイミングが悪いと決めつける必要はありませんよ!

ただしきっちり90分感覚でレム睡眠が現れるわけではないので

90分単位の睡眠時間はあまりあてにならないとも言われているんです(ーー;)

近年では睡眠アプリや、フィットネスバンドの機能が充実して

レム睡眠のタイミングでアラームを鳴らしたり

バイブレーションで起こしてくれる機能があります。

スマートフォンを使っていれば、ぜひ良質な睡眠アプリを利用してみましょう!

☆太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで、メラトニンが分解されて目が覚め

セロトニンが分泌されて活動レベルがあがります!

日中に分泌されたセロトニンは夜になるとメラトニンになるので

朝起きたらカーテンを開けるなど、できるだけ

早い時間帯から日光を浴びるようにしましょう。

セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれ

ストレス低減、うつ改善にも必要なホルモンです。

ストレスは熟睡を妨げるので、セロトニンを

増やすことは二重の意味で睡眠の質を高めてくれます!!

次回続きをまた紹介したいと思います(^o^)

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日