MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > ジェルネイルの使用はお気を付け下さい。

ジェルネイルの使用はお気を付け下さい。

2016.12.17 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

マニキュアより長持ちし、付け爪のような違和感が少ないことから、

若い女性を中心に流行っているジェルネイル。

しかし、トラブルも多く発生しているようです。

中でも多いのが、グリーンネイルと巻き爪です。

 

まず、グリーンネイルとは、爪が緑色に変色してしまった状態をいいます。

緑膿菌という細菌が繁殖することによっておこります。

 

ジュルネイルは水で変形することが無いので、ふやけた肌や爪との間に

隙間ができてしまい、この隙間にたまった水分の中で、緑膿菌が繁殖

することがグリーンネイルの原因です。

 

爪の変色に気づいたら、ジェルネイルはもちろん

付け爪やマニキュアの使用をやめましょう。

そして、緑色に変色した爪とその周囲も清潔に保つことです。

それでも改善が見られない場合は、皮膚科を受診しましょう。

 

 

次に、ジェルネイルをしていたら巻き爪になってしまった。という

方も多く見かけます。これは、ジェルネイルをオフする時に使用する

アセトンが原因と言われています。

 

アセトンを使用することによって、爪の水分が追い出されて乾燥し、

スルメの様に丸まってしまいます。

もし、怪しいと感じたなら、ジェルネイルをしばらくお休みして、

爪を休ませることをおすすめします。

 

ハンドクリームを爪にも塗りこんだり、栄養のある食事や

規則正しい生活を心がけましょう。

だいたい、半年から1年ほどで、健康な爪に戻ると言われています。

それでも巻き爪が痛くて困っているという方は

当院にご相談ください。いろいろとアドバイスをさせていただきます。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日