MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪を予防する歩き方

巻き爪を予防する歩き方

2016.10.14 | Category: 巻き爪

こんにちは
あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では
特殊な補正器具を使って巻き爪補正を行っています。

最近、巻き爪でお悩みの方が増えてきています。

靴社会の弊害が一因になっているのもそうですが、
正しい歩き方をきちんと学んでいない
というのも巻き爪の原因になっていると思います。

実際に、正しい歩き方を誰かから教わることなんて
モデルさんか医療従事者くらいしか経験していない
のではないでしょうか?

 

正しい歩き方とはどんなものでしょう?

細かく書いていくと膨大な文字数になりますので、
私なりに一番簡単で分かり易い方法を
書いてみたいと思います。

何も考えず無意識に足を運んでいる場合、
おそらくほとんどの方が顔か肩が前に出て
それにつられる様にして
足が前に出ていく歩き方を
していると思います。

この様な歩き方ですと、足の裏全体で
ペタペタと歩いていますので
足の親指に地面からの刺激が伝わっていません。

爪は本来、巻く性質を持っていますので、
地面からの刺激が無くなると自然と巻いてきます。

 

では、理想的な正しい歩き方とは。

後ろの足の親指を意識して、
地面を押し出すようにして足を運んでいきます。
すると、腰から前に進むような形になり、
背筋が伸びて綺麗な歩き方になります。

この様な歩き方をすると
足の親指にしっかりと地面からの刺激が伝わり、
爪が平たくなります。

人間を含め、動物の足の爪は地面をとらえ
ひっかくことで体を前に運ぶために存在しています。

私たちも本来の爪の働きを取り戻す歩き方をすると
爪は巻くことはないのです。

 

いろいろと、歩き方の基本はありますが、
まずは足の運び方をガラッと変えて
「足を前に運ぶのではなく、後ろの足で地面を押し出す」
ということを意識して歩くようにしてみましょう。

きっといい効果が出てきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日