MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪の根元の白い部分の大きさ

爪の根元の白い部分の大きさ

2016.09.23 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

爪の根元には白くて丸くなっている場所がありますね。

名前は「爪半月」(そうはんげつ)といいます。

よく、「これが無いと健康じゃないよ。」なんて言われます。

 

しかし、残念ながら爪半月の大きさ、あるなしに

健康は関係ありません。

 

爪半月は爪母で作られた爪がまだ完全に

出来上がっていない場所で、とてもデリケートな部分です。

まだ、硬いケラチンが少ない為、

傷つきやすく強く押すと鈍い痛みを感じます。

 

爪半月がよく出ているかどうかということは

大体生まれつきのもので発育の早い爪ほど

爪半月が大きく、はっきりしています。

逆に伸びの遅い人は爪半月が見えない場合もあるのです。

ダイエットやその他の何らかの理由で著しい栄養失調の状態に

なると爪の伸びも悪くなり、爪半月が無くなる事もあります。

 

確かに、爪半月がはっきりしているということは爪の伸びも良く、

健康状態が良好であると言えますが、内臓疾患などの病気をお持ちの

方でも爪半月がはっきりしている場合もありますし、

全く爪半月が無くても健康な方はたくさんいます。

 

ですので、爪半月の有無は健康のバロメーターにはなりませんし、

病気の診断にも役立つことはありませんので、

あまり神経質になる必要はないのです。

 

ただ、爪母を含め爪半月の部分はものすごく弱い組織ですので

強い打撲や刺激、持続的な圧迫を受けると爪が変形したり

生えてこなくなったりしますので、十分にお気を付け下さい。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日