MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 正しい爪の切り方

正しい爪の切り方

2016.08.19 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

日々、患者さんを見ていますと皆さま

さまざまな爪の切り方をされているのに気づきます。

 

そこで今回は正しい爪の切り方について。

 

日本人の場合、平均して1か月におおよそ

1.5mmぐらい爪が伸びるそうです。

 

ですので、爪を切るタイミングとしては

1か月に1回、早くても3週間に1回でいいと思います。

几帳面な方や清潔好きな方に多いのですが、

頻繁な爪きりは良くありません。

深爪になりますし、将来的に爪が皮膚に食い込む原因になります。

 

さて、一番問題になるのが切る長さですが、

理想的な長さは、爪の先の白い部分が1mmほど

残るぐらいがベストです。

白い部分が無くなるまで切ってはダメです。

 

次に、形についてですが、これも理想的な形があります。

それは、上から見て四角形に爪を切るということです。

よく「スクエアオフ」と呼ばれます。

指の先からはみ出している部分を一直線に切ります。

この時に、一度に切らずに、一方向から何度かに分けて切りましょう。

ですので、刃先が丸く形成されている爪切りは

お奨めできません。

 

最後に、爪のカドの部分ですが、丸く形を整えるのではなく

引っかかりそうなところだけ、やすりで削るようにしましょう。

決してカドを斜めに切ったり、丸く切りすぎてはいけません。

高い確率で巻き爪になりますのでお気を付け下さい。

 

正しい爪の切り方って誰からも教わることがありませんよね。

皆さま我流であまり深く考えず切っていることと思います。

 

このブログをきっかけにご家族皆さまで正しい爪切りを

共有していただければ幸いに思います。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日