MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > グリーンネイルにご注意

グリーンネイルにご注意

2016.07.29 | Category: 巻き爪

こんにちは
あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では
巻き爪補正の施術を行っています。

以前来院された患者さんで
グリーンネイルになってしまっている方を見かけました。
残念ながら、グリーンネイルになっていますと
補正をすることはできません。
皮膚科でしっかりと治療をしてから
改めて補正開始ということになります。

グリーンネイルとはどんなものか?
その名の通り、爪の一部もしくは全体が
緑膿菌の感染と増殖により緑色に変化する症状です。
ネイルアートをしている方の約6割がグリーンネイルの
予備軍と言われています。

痛くはありませんが他の指や他人に感染します。
また、ひどい場合には爪を失ってしまう
可能性もありますので、気づいたら
早めの対処をすることが必要不可欠です。

では、どうしてグリーンネイルになってしまうのでしょう?

スカルプチュアやジェルネイル、つけ爪などは、
時間の経過や衝撃などにより爪から少しずつ浮いてきます。
この爪との間の隙間に水や湿気がたまり、
菌が繁殖してしまうことが原因です。

特に、ジェルネイルは、従来のネイルに比べて
持ちが良く人気がありますが、その反面、爪の成長によって
ジェルネイルと爪との間に隙間ができやすいという
欠点があります。

爪とネイルの境が黄色っぽい、または緑色に変色してきた場合は、
すぐにネイルを外して皮膚科を受診しましょう。
ネイルをすると悪化しますのでネイルは厳禁です。
もちろん、巻き爪の補正も絶対にダメです。

軽症の場合は数週間で治りますが、重症になると、爪と肉の間にまで
感染が広がっていることもあり、数か月~数年かかることもあるので
爪の色がおかしいと思ったら一刻も早く病院に行きましょう。

予防としては、手洗いや水仕事、お風呂の後はしっかりと爪や指の
水分を取り除きましょう。
そして、異常がなくても、1ヵ月前後を目安に付け替えを行い、
清潔を保つようにしましょう。

ちなみに、巻き爪補正も補正中は必ず1ヵ月に1回、
器具の交換とメンテナンスを行っています。

万が一グリーンネイルになってしまったら、早期発見早期治療を
心がけ、正しい治療法で治しましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日