MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤 > 骨盤と下半身

骨盤と下半身

2016.07.28 | Category: 骨盤

こんにちは!
あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!!
今日は骨盤と下半身の関係についてです(^o^)
骨盤のゆがみによる体形の崩れというのは
とても気になるところですよね(ーー;)
身体の中心である骨盤がゆがむと、当然ながら全身がゆがみます。
骨を支えている筋肉のバランスが悪くなって
筋肉が疲労しやすくなり、血液やリンパ液の循環を
悪くして代謝を下げてしまいます(°_°)
そうなるとエネルギーの消費率が悪くなるので
脂肪をため込みやすくなり
摂取カロリーを気にして食事に気をつかっていても
痩せてくれないという悪循環ができあがってしまうんです!
ゆがんでいる骨盤の周囲の筋肉は特に疲労しているので
お腹やお尻周り、太ももに脂肪がつきやすいんです!!
また、女性の骨盤は男性に比べて横に広くなっているため
大殿筋などのおしりの筋肉が弱まりやすく
機能の低下を招きやすくなっています。
骨盤の前側には、骨盤を支える役割を果たしている
骨盤底筋群(インナーマッスルといいます)があり
内臓の位置を支える役割も持っているため
日々の運動不足などでこの筋肉が弱くなると
内臓が下垂しやすくなってしまうんです(ーー;)
そうすると、背骨にも影響を与えて背中側の筋肉が緊張し
バランスを取るためにお腹側は緊張を緩めます。
そのため、お腹がぽこんと出てしまうんですよ!
内臓が本来あるべき位置にないと、内臓全体の働きも悪くなり
代謝や排泄機能が悪くなって体温が上がりづらく低体温につながります(~_~;)
身体が冷えていると脂肪がつきやすくなるため
食事制限などでつらいダイエットをしても効率が良くありません。
骨盤のゆがみを解消すると共に、骨盤底筋群や大殿筋が
柔軟に働くようにするためのトレーニングも必要になってきます!!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日