MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪水虫について

爪水虫について

2016.07.22 | Category: 巻き爪

こんにちは
あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では
巻き爪補正の施術を行っています。

皆さんの爪を見させていただいて
たまに見かけるのが爪水虫です。
痛くもかゆくもないので本人は全く自覚がありません。

しかし、放置すると着実に症状は悪化してしまいます。
他の爪や家族、他人に感染することもありますので
早急に皮膚科で治療してもらいましょう。

その爪水虫とは何か。
足の水虫と同様、白癬菌(はくせんきん)に感染している状態です。
足の親指の爪に多く、全く気付いていない方が多いです。

以下に症状を挙げておきますので
常にセルフチェックをしておきましょう。

〇足の爪に透明度がなく白色~黄褐色に濁っている。
〇爪もしくは爪の下の皮膚が異常に厚みを帯びている。
〇爪がボロボロになって割れる。あるいは変形している。

爪水虫の感染力は強くはないので、
空気による感染はありませんが、爪水虫は白癬菌の
貯蔵庫のようなものなので、ご家族で共有する
バスルームの足ふきや、スリッパを介して
感染させてしまうこともあります。

もし、「爪が何だかおかしいな」と思われたら
皮膚科を受診するようにいたしましょう。

ちなみに、巻き爪補正は爪水虫の状態ではできませんので
皮膚科で治療を終えてから行います。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日