MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤 > 骨盤と睡眠

骨盤と睡眠

2016.05.26 | Category: 骨盤

こんにちは!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今日は骨盤と睡眠との関係についてです( `ω´)

意外に思われるかもしれませんが

骨盤のゆがみが不眠を引き起こしている場合があるんです!

骨盤が開いたままの状態が良くないのは確かなのですが

逆に骨盤が閉じたままだとイライラして怒りっぽくなったり

眠れなくなったりすることがあります(ーー;)

骨盤の開閉は、日常的に自然に行われるものです。

体の休息や修復をしている時、

リラックスしている時には副交感神経が働き

このときに骨盤は開きます。

活動中、緊張、ストレスを感じているときには

交感神経が働き骨盤は閉まります。

人が眠るのと同じように、骨盤も夜に向かって開いていき、

朝に向かって閉じていきます。

更に、女性の場合には生理周期に合わせる

ようにして開閉を繰り返しています。

つまり、一ヶ月のうちに骨盤が開きやすい時期と

閉じやすい時期があるんです!

骨盤がゆがんでいると、この自然な開閉が出来なくなり

身体や精神に様々な症状が現れてくるんです(°_°)

骨盤が閉じているときは交感神経が優位にたっているので

緊張が続いてイライラしやすくなったり

なかなか寝付けなかったり

眠りが浅いなどの問題が生じます。

このとき、大体の方に見られる肩や首のコリも不眠の原因になっています。

寝る直前まで仕事や勉強など頭を働かせるようなことは控えて

自身をリラックスできる状態に持って行きましょう!!

熱いお風呂やシャワーは交感神経を刺激するので

ぬるめのお湯にゆったりと入り、

身体をほぐして緊張を和らげてあげましょう(^o^)

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日