MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故現場でしてはならないこと

交通事故現場でしてはならないこと

2016.05.14 | Category: 交通事故

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

本日も交通事故関連のお話。

 

「茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では自賠責を使って

交通事故の治療を受けることができます。」

 

交通事故の当事者になってしまった瞬間は

さまざまな考えや感情が頭の中を巡るようです。

「面倒なことは避けたいなー」とか

加害者の状況や態度を見て、

「少しは自分も悪かったかなー」とか・・・

 

しかし、日が経つと自分も相手も

気持ちは変わることはよくあることです。

 

ですので、事故直後は感情的にならず

事実関係のみの話を進めましょう。

 

損害賠償についての具体的な話はしてはいけません。

特に金額については一切口に出さないことです。

後々、「言った、言わない」「決めた、決めてない」等の

もめごとが起こりやすくなります。

 

また、金額や自分に過失があった旨の

念書を取り交わすことは絶対にしないことです。

この場合は証拠となり、取り返しのつかないことになります。

 

少し恐い話になりましたが、

日本人は優しい人が多いので

事故した瞬間は気が動転して、

明らかに被害者なのに

「ごめんなさい。私の方が悪かったの」とか

「いいの、いいのこれぐらい。我慢するから。」とか

言ってしまうものです。

 

「謝るなとか、相手を非難せよ」と言ってるのではなく

気持ちを鎮めて冷静になり、

事実だけを確認、記録しておくということが

事故現場では大切なのです。

 

責任問題とか金銭の話はずーっと後になってから

話し合う内容ですので、

その場ではしないようにしましょう。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日