MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪の原因は生活習慣?

巻き爪の原因は生活習慣?

2021.11.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

大阪茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

「巻き爪は足の爪にしかならないのですか?」という質問を

受けることがあります。

 

結論からお話しますと

手、足に関係なくどの指の爪でも巻き爪になります。

 

ただ、手の爪は巻き爪になりにくいです。

 

理由は、手の指はよく使うからです。

よく使う指の爪は巻きません。

これは、手でも足でも同じです。

指の腹に刺激や圧力が加わることによって

爪は広げられるからです。

 

ですので、巻き爪予防の一番の方法は

指をよく使うことなのです。

 

では、足の指はどうやって使えばよいのでしょう。

 

歩く時に、足の指で地面を蹴るように意識してください。

それだけで十分爪に刺激が加わりますのでとても良いです。

 

しかし、これは案外難しい方がいるかもしれません。

外反母趾で変形していたり、足の指が不器用になっていて

上手く動かせなくなっていると少し苦労するかもしれません。

 

そのような方は、まずは自宅で裸足になってみることです。

往々にして足の変形の強い方は自宅でも靴下を履いて

スリッパで過ごしている方が多いです。

つまり、足の指を使わないようにして生活をしているのです。

 

まずは、裸足になりましょう。

そして軽く背伸びをしてみてください。

きっと足の指に体重が乗るでしょう。

それが足の指を使っている状態です。

 

そのようにして徐々に足の指に体重を乗せていくことを

毎日心掛けると爪が巻かなくなってきます。

巻き爪の不安のある方は、ぜひ試してみてください。

 

巻き爪も生活習慣が原因であることが多いようです。

ということは、生活習慣が変われば巻き爪も克服できるということです。

もし、分からないことがあれば何でもお聞きください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日