MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪予防の歩き方

巻き爪予防の歩き方

2020.12.13 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

 

巻き爪にならないようにするためには、

歩く姿勢を正しくすることも大切です。

足の親指にしっかりと体重を乗せないと爪が巻くからです。

 

女性に多い歩き方として、べた足で歩いてしまう癖があります。

これは、ヒールなど踵の高い履物を履く機会が多いためだと思います。

足の裏全体で着地して足の指で蹴り出すことなく足を前に出す歩き方です。

 

この歩き方ですと、足の指に体重が乗らないので爪が巻きます。

 

理想的な歩き方は、かかとから着地し、足裏中央、つま先へと体重移動していき

足の親指で地面を押し出すようにして前に進む歩き方です。

そのような歩き方をするだけで大きく変わります。

 

人間の足の指は、しっかりと地面をとらえてバランスよく

二足歩行できるようにするために存在しています。

ですので、足の指を意識して歩くようにするだけで歩く姿勢も変わってくると思います。

 

そうすると綺麗な姿勢で歩けるようになるでしょうから

膝や腰に余計な負担がかからなくなって

慢性腰痛や変形性膝関節症に悩まされることも無くなるかもしれません。

 

当院では、巻き爪の補正だけでなく

歩き方の指導やアドバイスもしていますので

もし、気になるようなことがあれば遠慮なくご相談ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日