MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪水虫が原因で巻き爪になる

爪水虫が原因で巻き爪になる

2020.09.06 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使って、プレート式による巻き爪補正を行っています。

 

爪水虫は、症状がないために気付きにくい病です。

 

しかし、爪の形が変わったり巻き爪になるなどして

皮膚に食い込んだり、靴に当たって痛くなることがあります。

 

爪水虫になると爪が分厚く肥厚して黄色く濁ってきます。

そして、ぼろぼろと崩れるように爪が無くなっていくのです。

そのような状態では、巻き爪で痛くても十分な補正をすることが

できませんので皮膚科を受診していただきます。

 

病院で爪水虫の治療をしていただき完全に水虫菌である白癬菌が

爪から無くなれば補正をすることができますので

しばらくは治療に専念していただくことになります。

 

爪水虫の治療は根気がいります。

爪が完全に元に戻るまで1年くらい必要です。

 

その間は、巻き爪が辛くても補正はできません。

しかし、巻き爪の痛みを軽減するアドバイスなどは致しますので

お困りの方はご相談ください。

 

まずは、ご自身の爪の形、色、質をチェックし、

水虫っぽいと疑ったら迷いなく皮膚科を受診してください。

決して自然治癒はしません。

 

手の爪だけでなく、足の爪も毎日見て

日々の状態を確認するように心がけましょう。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日