MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪防止のためには足の形にあった靴を履きましょう

巻き爪防止のためには足の形にあった靴を履きましょう

2020.08.30 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の技術を

使ってプレート式による巻き爪補正を行っています。

 

足の形にはいろいろ種類があり

その一つに足の指の長さによる分類があります。

・親指が人差し指よりも長いエジプト型

・親指よりも人差し指が長いギリシャ型

・親指から小指まで四角く同じ長さのスクウェア型

 

この分け方はエジプト人とかギリシャ人ということではなく

エジプトの博物館にある彫刻が親指が長い足の形をしていて、

ギリシャの博物館にある彫刻が人差し指が長い足の形をしているからだそうです。

 

つまり、古代から民族間に足の形の違いがあり

その系譜を現代人も引き継いでいるということです。

 

日本人は、欧米人に比べ圧倒的にエジプト型の足が多く

約80%ものシェアを占めています。

 

この足型の特徴は靴の中で親指が窮屈になる為、外反母趾になりやすいです。

ですので先の尖った靴は苦手です。

先の尖った靴を履くと外反母趾になるだけでなく巻き爪にもなりやすいです。

 

巻き爪防止のためには、足の形にあった靴を選ぶことが大切です。

日本人の足は横幅が広く親指が長いため

先端が丸くなっているラウンドトゥや

親指から小指にかけて少し斜めにカットされたオブリークトゥの靴が良いとされています。

 

当院では、巻き爪補正だけでなく巻き爪にならない具体的な方法なども

アドバイスしています。

もし気になることがありましたら遠慮なくご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日