MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪補正方法の一長一短

巻き爪補正方法の一長一短

2020.07.12 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の技術を

使ってプレートによる巻き爪補正を行っています。

 

巻き爪を補正する方法はいろいろありますが、

大きく分けるとプレート式とワイヤー式に分かれます。

 

当院の補正方法はプレート式です。

プレート式も様々ありますが、当院は「ペディグラス・テクノロジー」という

技術を採用しています。

 

この方法は、爪表面に「付け爪」のようにプレートを貼り付け

そのプレート自身の形状記憶の力によって巻いている爪を

平らに伸ばそうとする技術です。

 

プレート自体に強い力はありませんので一撃で真っ平らになることはないです。

しかし、無理な力は掛からないので爪甲剥離を起こす心配はありませんし、

施術中に痛みを伴うことがありません。

 

特殊なジェルを使って爪にペタッと貼り付けますので

数日後に器具が外れてしまうということもまず無いです。

 

一方、ワイヤー式はワイヤーの形状記憶力が強いので

1回で爪が真っ平らになることがあるようです。

 

病院で行われている方法は爪に穴を2か所開け、

その穴に真っ直ぐなワイヤーを通すというやり方で、

ものすごく矯正力があるみたいですが、過激すぎると

爪が内出血して紫色になることがあるようです。

 

病院以外のサロンで行われる方法は、

ワイヤーを爪の側面の皮膚との境目に引っ掛けて

そのワイヤーを捩じって引っ張ることによって爪を持ちあげるように

巻いている部分を平らに伸ばしていくやり方です。

この方法もよく上がるようですが、数日するとワイヤーが

爪から外れてしまうということがたまにあるようです。

 

プレート式とワイヤー式、

それぞれに一長一短があるようですが

いずれにしても大切なのは、補正中にしっかりと巻いている指に

体重を乗せてご自身の体重で爪を広げてあげるという癖を

付けることです。

 

補正器具は、巻き爪を広げるお手伝いをするものであって、

「器具を付けたからもう安心。」と日常の努力を怠ると

補正を終えた後、また巻き爪が再発することがあります。

 

巻き爪は施術者と患者さんが二人三脚で対処していくものだと

思っています。

辛い巻き爪でお困りの方、我々と一緒に克服していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日