MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 足のタコの位置から読み解く巻き爪の原因

足のタコの位置から読み解く巻き爪の原因

2020.05.23 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を使ってプレートで巻き爪の補正を行っています。

 

足の親指が巻き爪になる方に見られる特徴の一つに、

足の親指の関節部分がタコになっていることがあります。

 

つまり、歩く時や立っている時に

親指の腹の部分ではなく関節に体重が乗っている証拠です。

そして、爪の先が上を向いてしまっています。

 

この投稿で今までお話してきたように

指の腹の部分に体重が乗らないと爪が巻いてきますので、

やはり巻き爪でお困りなのです。

 

このような体重の乗せ方の癖がある方は、

しっかりと正しい位置に体重を乗せる方法を身に付けないと

巻き爪の補正が終わって綺麗な爪になっても

いずれ再発してしまいます。

 

当院では巻き爪の補正をするにあたって、

爪の形だけでなく足の形やタコの位置から

その方の歩き方や立ち方の癖を読み取り、

ご自身でできる巻き爪予防法までも指導いたします。

 

巻き爪克服は爪の補正だけで済むのではなく

歩き方や立ち方の矯正も含めた総合的な施術が必要です。

 

もし、タコの位置などに心当たりがあり

巻き爪でお困りでしたら遠慮なくご相談ください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日