MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 靴の材質による巻き爪のリスク

靴の材質による巻き爪のリスク

2020.03.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の技術を

使用して巻き爪の補正を行っています。

 

巻き爪になる原因としてよく靴の形による

影響が取り上げられます。

すなわち、先のとがった靴を履いたり、

足のサイズに合っていない靴を履くことによって

巻き爪になるリスクが大きくなるというものです。

 

しかし、靴の形だけではなく

靴の材質も巻き爪になるかどうかを

左右する一因になりえます。

簡単に言ってしまえば、硬いか柔らかいかの差です。

 

男性で酷い巻き爪でお悩みの場合、

安全靴を履いて仕事をしている方の率が高いようです。

女性の場合、

ヒールを履きっぱなしの方が多いのですが、

詳しくお話をお聞きすると足先の材質が革製であります。

 

スニーカーを履いて仕事をする方の巻き爪率は低いようです。

 

つまり、靴を履いて過ごしている間、

足の指の自由度がどれほどあるかどうかが

巻き爪になるリスクを左右すると考えられ、

言うまでもなく足の指が自由に動かせる柔らかい素材の靴は

巻き爪になりにくいと思います。

 

仕事で靴が限定されている場合は

できるだけ同じ靴を履く時間を減らし、

裸足になる時間を長くするように心がけてください。

 

外出は革靴、家の中では靴下にスリッパ。

このような環境では足の指を自由に開放する時間がありません。

巻き爪になるリスクが高くなるといえるでしょう。

 

もし、何かお困りのことがあれば遠慮なくご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日