MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 最適な爪の長さ

最適な爪の長さ

2019.12.07 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、「ペディグラス・テクノロジー」の

技術を用いて巻き爪の補正を行っています。

 

よく患者さんから受ける質問の一つに、

爪の長さに関する内容が多いです。

 

これについては、根拠に基づいた

明確な答えがあります。

 

それは、爪の先の白い部分が1mm程残っている長さです。

これ以上長くても短くてもあまり良いとは言えません。

特に短いのは良くないです。

 

綺麗好きな女性に多いのですが、

爪の先の白い部分を完全に失くしてしまう方が

時々いらっしゃいます。

このブログを読んで心当たりのある方は今すぐ止めましょう。

巻き爪になります。特に足の爪。

 

爪と皮膚は絶妙なバランス関係で成り立っていて、

互いに押さえあってきれいな爪のアーチを形作っています。

もし、皮膚よりも短く爪を切り取ってしまうと

皮膚がすぐに盛り上がってきます。

そして、爪は自身の形を保つための支えを失って

内側へ内側へと巻いてしまうのです。

結構痛くなります。

 

逆に、爪が長すぎると爪が折れたり、割れたりして

爪の根元から剥がれてしまったりする危険があります。

また、伸ばされて皮膚から離れた爪は栄養をもらっていない爪なので、

乾燥して巻いてきます。そう、爪は乾燥しても巻くのです。

あと、爪の裏側には菌もたくさん付着していますので衛生的にもお勧めできません。

 

そのような結果から自ずと最適な長さが決められるのですが、

爪が一番頑丈で、綺麗な形を保っていられる長さは、

上記で書きました「爪の先端の白い部分を1mm程残した長さ」ということになります。

 

爪のトラブルでお困りの方は、ぜひ遠慮なくご相談ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日