MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪防止に5本指の靴下がお奨めです

巻き爪防止に5本指の靴下がお奨めです

2019.09.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

「人間の足の爪は、どうして巻き爪になってしまうのでしょうね。

爪が食い込んで指の先が腫れて、痛くて夜も眠れない。」

 

よく患者様から問われる質問です。

 

確かに、爪があることによって指先が痛み、苦しい思いをするのなら

爪なんて無い方がいいですよね。

 

巻き爪は、一部のごく稀な例外を除いてほとんどが後天性です。

つまり、日常生活の足の使い方が原因です。

少し酷な言い方をしますと

ご本人に原因があって爪は悪くないのです。

 

足の指を靴下や靴で包み込んでしまうと

5本の指がギューッと真ん中に寄せられて動きづらくなりますよね。

その時に、平べったい爪も真ん中に寄せられるので

丸く小さくならざるを得ません。

特に、先のとんがった靴を履いていると

積極的に巻き爪を作りにいってるようなものです。

 

一番の理想を言うなら裸足で歩くことなのですが、

現実的ではありません。

 

最近は、おしゃれな5本指の靴下もありますので

当院では、そのような靴下を履くことをお奨めしています。

 

足にも指が5本あるということは、5本の指を使って

歩く必要があるからです。

ですので、靴下が5本指に別れているのは

手袋をはめるのと同じで理に適っています。

 

そして、靴もできるだけ先のとがっていない靴を履くようにするだけで

巻き爪を防止することができると思います。

 

また、歩き方にも気を付けなければいけませんが、

その話は次回にいたします。

 

では皆様、巻き爪防止のために5本指の靴下を履きましょう。

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日