MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪は皮膚の変化したものです

爪は皮膚の変化したものです

2019.08.24 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

爪は、表皮の角質が変化して固くなったものです。

ですので、環境の変化をもろに受けます。

 

爪にしわができてお悩みの方も多いと思いますが、

皮膚にしわができるのと同じ原因です。

皮膚ほど気にして予防対策していませんね。

 

つまり、お肌が荒れるような生活様式ですと

爪も荒れます。しわもできます。

栄養不足や不摂生、過労やストレス、睡眠不足などがあると、

爪に縦や横のしわができることがあります。

 

あえて言うなら、お肌より爪のほうが繊細かもしれません。

お肌を作る工場は表皮の下の深い場所にありますが、

爪を作る工場は爪の根元の浅いところ、爪母にあります。

 

すぐに傷つけてしまいますし、

足でしたら靴などで圧迫されやすいところです。

とくに、爪は身体の末端にあるので、全身の組織に比べると

栄養が届きにくい場所でもあります。

 

ですので、健康状態のチェックにはうってつけの場所でもありますから

お肌のトラブルの前に、爪のトラブルを気にしたほうが良いのかもしれません。

爪のトラブルの防止に努めていると、

お肌のトラブル防止になるのでは・・・

と思います。

 

時折、爪をよくチェックして、体の健康を確認しましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日