MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪の根本原因

巻き爪の根本原因

2019.07.20 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

爪のトラブルで困る動物って、人間以外にはいないのではないでしょうか。

なぜなら、この世の生き物の中で靴を履くのは人間だけだからです。

 

巻き爪になってしまう原因の根本は「爪の巻く力」と「爪を広げる力」の

バランスが崩れているからです。

つまり、巻き爪になるのは、「爪の巻く力」が強くなったか

「爪を広げる力」が弱くなったかのどちらかということです。

 

まず、「爪の巻く力」が強くなる原因として考えられるのは、

サイズの小さな靴を履くか足先の細い靴を履く場合などです。

爪や指先が狭い場所に押し込まれ、そこに体重を乗せて

圧迫をかけていますと爪だけでなく指の形も変わるのは容易に想像できます。

 

他に、爪水虫に感染して爪が分厚くなるのも

「爪の巻く力」が強くなる原因になるでしょう。

 

次に、「爪を広げる力」が弱くなる原因は、

歩き方に問題があることが多いです。

指先に力のかからない歩き方をしていると、足の指が地面から

浮き上がり、「爪を広げる力」を弱めてしまいます。

日頃からあまり運動していない人や長期の入院など

絶対的に歩く量が少ない方も「爪を広げる力」が弱くなっており

巻き爪のリスクが高くなっています。

 

他には、深爪をしたり、手術で爪を小さくした方などは、

爪そのものの支持能力が落ちている為、巻きやすい状態にあるでしょう。

 

結論として、爪の力のかかり具合のバランスを意識して

日常生活を心がければ、巻き爪を防ぐことが出来ます。

大きく巻いてしまった方は補正をしなければいけませんが、

軽度の巻き爪なら対処可能ですので、

普段から爪を意識して過ごしてみてください。

 

もし、わからないことがあればご相談ください。

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日