MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > これからの季節、水虫にご用心

これからの季節、水虫にご用心

2019.05.10 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

ゴールデンウィークが終わって、かなり気温が上がってきました。

これから梅雨に向かっていくわけですが、

ジケジケと湿気の多い季節になっていきます。

 

そうすると、靴や靴下の中で足が蒸れやすく、

水虫・爪水虫が繁殖しやすくなってきます。

 

今、疑わしい症状があれば早めに治しておいた方が良いでしょう。

特に、爪水虫は痛くも痒くもありませんので

気付きにくく、放っておきがちです。

爪が白く濁っていて光沢が無く、ボロボロと崩れてくるようでしたら

爪が水虫に感染している可能性が非常に高いので

すぐにでも皮膚科を受診することをお奨めします。

 

では、どうして急いで治す必要があるのかお話しします。

 

まず、他人にうつす可能性が高いからです。

特に家族間でタオルや足マットの共有が起こりやすく、

高確率で家族中に広げてしまいます。

 

次に、水虫菌は足や爪以外にも感染します。

股部に感染したものが「いんきんたむし」。

身体に感染したものを「たむし」と呼び、

とても痒く、境界がはっきりとした赤くて丸い斑点が出来ます。

 

糖尿病の方などはとても治りにくく、

また、掻き毟ることで細菌感染を起こし化膿することもあります。

そうなると薬の量も増えるし、治療期間も長くなります。

 

ですので、たかが水虫と軽く見ず、きちんと皮膚科で治しましょう。

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日