MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪補正器具が外れることがある?

巻き爪補正器具が外れることがある?

2019.01.05 | Category: 巻き爪

あけましておめでとうございます。

 

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

今年も宜しくお願い致します。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

たまにですが、

「爪に付けたプレートが途中で取れることありませんか?」と

患者さんから質問されることがあります。

 

これは、「めったにありません。」というのが回答です。

 

「ペディグラス・テクノロジー」とは別の補正法で施術をすると

取れることがあるのでしょうか?

 

当院で行う「ペディグラス・テクノロジー」は、

爪の表面にジェルでプレートをガッチリと貼り付けますので

1~2か月ぐらいで取れることはないです。

しかもどこにプレートが付いているのかわからない程

綺麗に爪と同化しますので、取れるという現象が無いのです。

 

ただ、爪が大量の水分を含んでしまいますと

爪がフニャフニャになってしまって

貼りつけているプレートとの安定が悪くなり

爪から浮いてくることがあります。

 

ですので、長時間のお風呂やプールは控えていただかなくてはなりません。

 

しかし、そのような状況はめったにないと思いますので、

爪から補正器具が外れることはほとんど無いのです。

 

補正器具が途中で取れる心配がないので

安定して爪の補正が行えるのが「ペディグラス・テクノロジー」の特徴です。

 

もし、巻き爪でお困りでしたら

当院にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日