MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 尺骨神経障害

尺骨神経障害

2019.01.07 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします!!

 

新年最初の内容は「尺骨神経障害」(しゃっこつしんけいしょうがい)です。

 

 

尺骨神経とは腕の中央から小指側を走る神経です。

筋肉では小指屈筋や深指屈筋など小さな筋肉を動かします。

 

スポーツでは圧倒的に野球での発症が多く

投球動作の最中からその後に小環指(小指と薬指)のしびれや

握力の低下(手を握りにくい)が起こります。

 

投球数の増加で選手はボールがすっぽ抜けると訴えることが多いです。

 

初期には筋力の低下を感じることは少なく

知覚症状のみの場合がほとんどです。

 

治療方法は安静やブロック注射が有効であるが

しびれの発生が高頻度になるにつれ手術の適応になります。

 

 

一度発症すると長い付き合いになる可能性が高いので

異変を感じたら無理をせずに整骨院や整形外科に行きましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日