MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪予防のための靴選び

巻き爪予防のための靴選び

2018.12.28 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

本年最後のブログです。皆様お世話になりました。

 

あさかわ鍼灸整骨院は12月30日~1月3日までお休みいたします。

 

巻き爪と靴の因果関係は大変強いものです。

足に合わない靴を履くと、靴擦れだけで済む問題ではありません。

巻き爪だけでなく、外反母趾や魚の目、タコなど

合わない靴で苦労している方は多いと思います。

 

そこで、足に合った靴を探す一つの目安をご提案したいと思います。

 

それは、足の指の長さと形を意識して靴を選ぶという方法です。

 

まず、日本人の足の形は、「エジプト型」「ギリシャ型」「スクウェア型」の

おおよそ3つに分かれるとされています。

これは、エジプト人、ギリシャ人という分け方ではなく、

エジプト彫刻、ギリシャ彫刻に特徴があるという分類方法です。

 

まず、エジプト型。

エジプト彫刻に多く見られる形。

親指が最も長く、続いて2,3,4,5指と順番に短くなっていくのが特徴。

日本人の70~80%の方がエジプト型だと言われています。

この型は、外反母趾になり易く、先の尖った窮屈なパンプスを履き続けると

指の付け根が圧迫されて変形してしまうことが多いです。

親指部分にゆとりのある靴を選びましょう。

つま先が斜めにカットされた「オプティーク・トゥ」が最も適しています。

 

次に、ギリシャ型。

ギリシャ彫刻に多く見られます。

親指より第2指のほうが長いのが特徴で、

日本人の25%ほどがこの型をしているそうです。

人差し指が長い為、人差し指にタコや魚の目ができたり、

爪がつぶれたりしやすいです。

丸みのあるデザインで、つま先の中央部が長く、

左右対称のなだらかなカーブを描くような形の靴がお奨めです。

 

最後は、スクウェア型。

親指から小指まで指の長さが5本とも同じ長さが特徴で、

日本人の5%ほどと少数派です。

先の尖った靴を履くと、すぐに足が痛くなりタコができやすいです。

この型の靴は、つま先にゆとりがあって、

つま先が四角い「スクウェア・トゥ」がお奨めです。

 

ほとんどの方がサイズだけで靴を選びがちですが、

足の形を把握して、その形に合わせたデザインの靴を

選ぶということも意識してみると足に合った快適な

靴選びができるかもしれません。

 

靴を履いている時間は、1日の内の長い時間を占めるので

慎重に選びたいですね。

 

来年は1月4日から診療いたします。

では皆さま、良いお年を!!

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日