MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 肩関節前方脱臼のリハビリ②

肩関節前方脱臼のリハビリ②

2018.12.17 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回も引き続きリハビリについてやっていきます。

 

 

前回は関節の可動域を広げる運動でしたが

今回は筋力トレーニングをお教えします。

 

腕が後上方に強制されると起こりやすい前方脱臼に耐えるため

 

腕(肩関節)を内転と内旋の動き(内にしめる)をする

筋肉を鍛えなくてはなりません。

 

その筋肉とは広背筋、大円筋そして大胸筋です。

その中でも大円筋を鍛えるトレーニングを紹介します。

 

ダンベルを用意します。無ければ500mlペットボトルに水を入れたものを。

 

行う前に膝より少し低めな台など支えられるものも用意してください。

 

まず、鍛えたい方の腕でダンベルを持ちます。

反対の腕は用意した台に着きます。この時肘は伸ばしましょう。

 

この時手のひらは肩の真下に来るようにします。

 

左膝を台にのせ、背中を真っ直ぐします。

(丸めていると効果が薄れます)

 

目線は真っ直ぐで、肩甲骨を内側に寄せるように

ぐっとダンベルを引き上げます。そしてゆっくり元に戻していきます。

 

これを10回×3セット繰り返すと肩甲骨の外側が熱く感じると思います。

 

そうするとうまくできています!

 

 

最初のうちはしんどいかもしれないですが

無理せずにやることが長続きするコツだと思うので

少しずつ頑張りましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日