MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 公衆浴場で水虫に感染することもあります

公衆浴場で水虫に感染することもあります

2018.12.14 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

12月に入って、かなり気温も下がってきました。

暖冬とはいえ寒いです。

この様な寒い時に、温泉に入るのは

最高に気持ちいいですよね。

 

しかし、公衆浴場で気にしなければいけないのは

水虫の原因である白癬菌の感染です。

不特定多数の方が裸足で歩く場所には必ず白癬菌がいてますので

菌の付着を防ぐことはまず不可能です。

 

幸い、白癬菌は増殖するのに時間がかかりますので

しっかりと対策をしていれば、怖がる心配はありません。

 

基本的に、白癬菌は皮膚に付着しただけでは水虫になりません。

24時間かけて皮膚内部に侵入した場合に水虫に罹患します。

つまり、24時間以内にもう一度足を洗えば大丈夫なわけです。

 

しかし、もし状況的にそれがかなわない場合であったとしても

しっかりと足を乾燥させて清潔にしておけば、ほぼ問題ないのです。

 

白癬菌は、高温多湿の環境を好みますので、

靴下は毎日履き替え、靴も乾燥させておくのがよいでしょう。

アルコール除菌スプレーを靴や靴下にかけておくのも有効です。

 

皮膚に感染した水虫はかゆいので気づきやすいですが、

爪に感染した場合は症状が出ないので全く気づくことが出来ません。

もし、爪が白く濁っていたり、分厚くなってボロボロと崩れるようでしたら

水虫に感染している可能性が高いので、皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日