MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 肩関節前方脱臼のリハビリ

肩関節前方脱臼のリハビリ

2018.12.10 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は脱臼からのリハビリについてお話します。

 

 

前方脱臼が起こり治療をした場合

肩関節の可動域(動く範囲)がかなり低下していきます。

 

そのためこれから可動域を増やす運動をお伝えします。

 

 

「コッドマン体操」アイロン体操とも呼ばれます。

 

痛めた方の腕で重りを持ちます。

反対の腕はテーブルなどに置き、上体を地面と平行にします。

 

そしてたらした腕で重りを揺らします。

これだけです(^ω^)

 

この運動は動きにくくなった関節を柔らかくするのと同時に

重りを持つことで肩関節を安定させる筋肉を鍛えることができます!

 

 

早く復帰するコツは無理をしすぎないようにしつつも

できる限り全力で行うことです。

 

ちなみにこの運動は脱臼だけでなく五十肩などの肩関節が固くなるものに

効果があります。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日