MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪で爪が変色

巻き爪で爪が変色

2018.12.07 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

巻き爪でお悩みの方をいろいろと観察していますと、

強い巻き爪の方は、軽度の方に比べて

爪の色が悪いことが多いことに気づかされます。

 

どんよりと濁った感じになっています。

 

薄い爪がクルッと巻いている場合は、

淡いピンク色をしていることが多いのですが、

爪が分厚く、爪の中央が盛り上がる感じで

強く巻いている場合は、爪が全体的に焦げ茶色をしています。

 

おそらく、爪に十分な栄養が

行き渡っていないのではないかと思われます。

 

爪甲鉤彎症の方でも爪が変色しているように

爪が分厚くなりすぎて、爪床からの血液供給が十分でない為に

爪の色が悪くなっているのではないでしょうか。

 

しかし、そのような変色した重度の巻き爪の方でも

当院で巻き爪の補正を行い巻き爪が解消されれば、

爪の色は綺麗なピンク色になっています。

 

ですので、巻き爪になって爪の色が悪くなってしまった方でも

あきらめずに当院にご相談ください。

 

もちろん、思わぬ病気が隠されている可能性もありますので

その場合は病院をご紹介いたします。

 

巻き爪は、爪自体にあらゆるトラブルを引き起こします。

少しでも疑わしい症状があれば、遠慮なくご相談ください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日